2017年11月19日

冬の鰹漁

久々の鰹の引縄漁、寝坊して6時10分出漁、無線を入れると僚船は既に20マイル沖の漁場で操業している様子

6時45分が日の出の時刻だが、雲があって太陽が見えるのは10分後だった。
171117_064359.jpg

171117_065351.jpg

水深.60m付近から水温が24.3℃と変化しなくなった、水深も100mを越えたので仕掛けを投入する(9本の仕掛けを入れるのには結構時間がかかる)投入して間もなくすると、潜行板仕掛けが2枚同時に浮いてきて横に走る。鰹2尾。

そして、しばらくすると通称飛行機仕掛けの飛行機が浮く(水面から4mの竿先と魚が直線になり途中の飛行機が浮く)ので引寄せようとすると重い、しかし、半分(15mほど)引寄せたところでばらしてしまった。

14マイル沖の気象観測ブイ付近で、シビコ(鮪系の幼魚)釣れていたが、カジキマグロと思われる背びれがついて来るようになったら、途端に釣れなくなった。もし、こいつが喰ってきたら、道具を盗られると、場所を変えることにした。

その後は、1時間以上釣れないこともあり、釣れるときはシビコか、鰹が釣れたが、朝1時間以上遅かったのが、釣果に影響した。(鰹6尾、シビコ11尾)
171117_151810.jpg
posted by masamaru at 04:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

御恩

昨日は母の命日だったので、お墓とお寺にお参りをした。母は30歳で亡くなったので、既に50回忌は過ぎている。
退職し還暦を迎え、自分自身を振り返ったときに、奇跡的に助かったことが2度あり(他にもあり気付いていないのかもしれない)が、あれは母の加護だったのだと思ている。
「般若心経」を解説した本を読んだことがあるが、仏教は生きる為の教えだと思っている。
お寺の掲示板 促すとは相手がそれをする気になるよう勧める。
御恩.jpg
posted by masamaru at 06:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月05日

門川町こども俳句大会の表彰式

昨日、表彰式を何とか無事に終えることができました。
中体連の大会と被ったので、何人かの中学生の欠席があったが、今回は会場が広い総合文化会館だったので、引き締まった表彰式になった。
町長賞    小、中学校それぞれ1名
教育長賞   小、中学校それぞれ1名
文化協会長賞 小、中学校それぞれ1名
秀逸     小、中学校それぞれ5名
入選     小、中学校それぞれ10名
計      36名
今回は、受賞者自身が都度受賞の句を発表、同時にパワーポイントで背後に句を映し出したので、司会のタイミングに苦慮した。
町長賞
DSC_1090.JPG

教育長賞
DSC_1097.JPG

文化協会長賞
DSC_1106.JPG

記念撮影
IMGL5654.jpg

今後は、各学校へ各クラス毎に句集1冊配布と、受賞者それぞれの受賞時の写真配布が残っている。

posted by masamaru at 20:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

小学一年生の俳句

「こども俳句大会」が、11月4日の表彰式へ向け大詰めに来た。
今年の投句は、1345句と少な目だったが、PCへの入力、校正にもずいぶん時間を要した。しかし、作業中、特に低学年の児童の句に癒される。

☆あさがおのたねをあつめてまたらいねん 小学一年生
☆ヘラクレスつのがつよいなおれよりも  小学二年生
☆夏がくるせのびをしている温度計    小学四年生
小中学生の特選、秀逸、入選を合わせると36句だが、他にも魅かれる句が多かった。

句集2.jpg
写真の鳥は町の鳥”冠うみすずめ”
posted by masamaru at 20:55| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

熟柿

 庭の柿が、今年は摘果しなかったこともあり沢山生った。妻がご近所にお裾分けしたようだが、まだ残っている。
 熟しているのがあったのでちぎろうと近寄ったら、ジョウビタキが枝に来て「これは残してて!」とばかりに、囀っていた。慌ててカメラを準備している間にいなくなった。
 カメラを持って庭をうろうろしていたら、小さなトンボと小さな蝶がいた。

柿.jpg

蜻蛉の種類を調べましたが、わかりません。
蜻蛉1.jpg

つばめしじみ?わかりません!
蝶2.jpg 
posted by masamaru at 12:47| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

ハーフショット

 昨日、勤めていた職場の同じ部門の県央であるOB会ゴルフコンペに参加、2年ぶりだったので、互いの近況報告しながらスタート。
 宮崎サンシャインCCのインスタート、ティーショットは意外と良くて、セカンドは上りを入れて150ヤードと思い打ち、グリーンに行くとピン横1m20cm、しかし、そこが頂点で、バーディーパットを外した後は下り坂。9番ホールは池ポチャも、午後のアウトはさらにひどくなり、残り100ヤード以内が非常に悪かった。
 結果45+53=98 PUT20+22=42
 唯一のドライバーショットのミスが少なかったのを次回に生かし頑張ろう。

posted by masamaru at 21:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

門川町こども俳句大会

「門川町こども俳句大会」の、句の選句表への入力とチェックが済み、昨日選者のお二方へ選句のお願いをした。
門川町こども俳句大会は今年で9年目を迎え、対象となる学校は小学校が4校、中学校2校、全生徒数1.509名で、今年の参加生徒数765名、投句数1.345句だから、各学校の先生方の熱意が伝わってくる。運営する門川俳句会(会員10名)も高齢化しています。継続できる体制を整えなくては!
無題.png
posted by masamaru at 20:37| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月05日

第十三回俳人協会九州俳句大会

第十三回俳人協会九州俳句大会は想像以上の規模の大会でした。応募は743名2682句、大会出席者も300名ほどでした。大会賞などを紹介します。

大会賞         一夜経し早苗が姿勢正しけり  橋本瑛子
宮崎県知事賞     田水張り一気に峡の広がりぬ  糸永悦子
宮崎県教育委員会賞  特攻の血書は紙魚を寄せつけず 牛飼瑞栄
宮崎市長賞       婚の荷のひとつに喪服竹の秋  松下美奈子
宮崎市教育委員会賞 亀の子を記紀の浜より発たせけり 有馬 進
宮崎日日新聞社賞   風待ちの鷹に海鳴りひもすがら 筒井慶夏
宮崎県俳句協会賞   この海の青さを永遠に沖縄忌  坂本多加江
宮崎観光コンベンション協会賞 木天蓼の白葉幣なす降臨地 瀬戸清子

さすが、多くの句の中から選出された句です。
西村和子先生の講演会やサイン会もありました。また、懇親会では本格的な民謡の披露もありました。
 嬉しいことに、私の句も佳作に採っていただきました。

 開会前の会場
DSC_2938.JPG

 西村和子先生の講演
DSC_2965.JPG

正調刈干切唄
DSC_3029.JPG
posted by masamaru at 14:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月28日

世界ジュニアサーフィン選手権

地元のお倉ヶ浜海岸で「 世界ジュニアサーフィン選手権」が開催されているので行ってきた。50カ国(地域)からおよそ500人の選手が出場と聞いていたので、さぞかし観客も多いと思っていたら、6日目の平日だったこともあり、ほとんどが選手とその関係者、あるいは運営関係者だった。せっかく地元で世界大会があるのに、関心のある人が少ないのは残念!
私は時々お倉ヶ浜をウォーキングしサーファーとも接触するが、挨拶もきっちりしていて好青年が多い。遠くから来るサーファーに聞くと、お倉ヶ浜は波の質が良いそうだ。

 皆さん、大会は10月1日まであります。ぜひ足を運んでください。
 
 選手らのブースがずらり
DSC_2907.JPG

 採点者等の建物
DSC_2902.jpg

DSC_2924.JPG

DSC_2886.JPG

DSC_2921-1.jpg 

わからない国旗も多かったが、モロッコの国旗は関係者のTシャツでわかった。
DSC_2906.JPG

サーファーの様子は、日向市のHPの動画で
 http://www.hyuga-surf.com/#movieArea
posted by masamaru at 17:36| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

猪のこどもに遭遇

 18日は九州電力日向営業所から要請を受け、台風通過後の非常巡視。巡視の目的は、台風によって停電はしていないが、近い将来停電の原因になるカ所の発見。早朝5時半に出社し、九電工OBのKさんとペアで、6時に出発。
振り返ってみると、休憩したのは昼食時の1時間弱と水分補給の5分の休憩1度だけだった。互いに、まだ電力マンの使命感が残っているようだ。巡視結果は樹木が倒れ高圧線に乗っている箇所2か所、樹木と接触し高圧線の被覆が損傷している箇所1ヵ所、他に2ヵ所を発見した。
 僻地の電線路の巡視時には、人にほとんど出会わなかったが、今年生まれたと思われる猪2頭に出会いました。しばらくは道路を走っていましたが、その内、山に逃げ込みました。

今後、この編上げ靴の出番がないことを祈る。
DCF00737.JPG
posted by masamaru at 22:18| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする