2015年09月13日

接触不良

先日は、夜明けとともに引縄漁、そして8時から鯵、鯛狙いの餌釣。
引縄漁は風が強く波が立つため、まったく釣れず、他の引縄漁の船も早々に引き揚げた。
風が強いことを考慮して、瀬(海底の岩場)に錨を掛け100m以上ロープを延ばし、その風下の別な瀬の際に釣仕掛けが行くようにした。

仕掛けを入れて何度か棚(釣る水深)を調整すると、鯛独特の引きがあり30cm程度の真鯛が釣れた。その後はやはり30cm前後のチダイがぼつりぽつりと釣れた。

1時間半ほどで8尾釣った頃から電動リールの調子がおかしくなった。左舷側も右舷側も同様なので、電動リール用のバッテリーの放電と思い、電動リール用と計器用のバッテリーをバイパスケーブルで並列に接続、ところが改善されないので、バイパスケーブルも悪いのではないかと、電動リール用の配線を直接計器用のバッテリーに接続してみるが改善されない。その内、船がいつもより揺れ、狭い船倉での作業が続いたので、船酔い気味になった。改修を諦め電動リールを手巻きで釣ることにした。

しかし、電動リールに棚の表示は出るのだが誤差があり、釣れなくなってしまったことと、風が更に強くなったので残念な思いで納竿。

原因は、配線の途中にブレーカーがあり、配線接続の端子ネジが少し緩んでいたのと、その配線の端子が錆びていたのが原因だった。
CA3E0028.jpg


人気が出てきたウォーキングコース

自宅近くの海岸沿いの松林に小道があり、ここをウォーキングすることもあるのだが、近頃この道をウォーキングする人が増えたため自然に道が広くなってきた。夏場は日陰になることもあり、このコースをウォーキングする人が多くなったようだ。
CA3E0032.JPG

松林から沖の枇榔島が見える
CA3E0033.jpg
 
posted by masamaru at 14:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする