2015年12月16日

海水温の変化と鰹

15日 鰹の引縄漁
前夜が忘年会兼お祝いの会(エージシュート達成)だったため、寝過して7時出港。
無線からすると数隻の僚船は魚場近くに到達し、道具を入れているようだ。

枇榔島(雨が降りそうだ)
枇榔島1.jpg

枇榔島 2(少し沖から)
枇榔島3.JPG

枇榔島 3(陸と同化して判別しずらい)
枇榔島4.JPG

前々日(13日)に釣れた海域(港から10マイル)に来たが、海水温が1℃以上低い。僚船は更に沖に出ているようた。陸の方は小雨が降っているようだ。
枇榔島5.jpg

14マイル沖で鰹が釣れ、旋回すると更に2尾釣ったが後が続かない。僚船のベテランたちも苦戦しているようだ。ただ、群れに出会った時に釣る数が多い。
海水温が沖ほど高いわけではなく、潮目が来ると0.5℃変ることもあるので、潮目をさがす、そして鳥の群れを探す(鰹が小魚を追い追われた小魚を鳥が狙う)が、見つけても鳥の群れは海面に浮いていて飛ばない。
 15マイル沖のラインを北上して久々に4尾、12時前になって2尾、その後喰わないので、波浪観測ブイを廻って見ることにした(津波や台風時の波を観測する設備)
波浪観測ブイ.jpg

しかし、釣れるのはシーラーばかり、5尾釣ったところで僚船がいる海域に行こうと無線を入れると、既に港へ向かっているとのこと、漁業基地からの無線による予報でも風が出るだったので港向きに引き縄することにした。   
雨の後晴れると西風が強くなることが多い。
鰹漁.jpg

港の方向へ(なぜか、GPSやコンパスの方向と、感覚の方向に少し誤差があった)
鰹漁2.jpg

ようやく陸が見えてきた(枇榔島は眼では識別できるが写真では分かりずらい)
鰹漁3.jpg

釣果は鰹9尾とシーラー5尾
海水温の急激な変化があると、鰹の喰いが渋るのだと思う。
posted by masamaru at 11:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エイジシュート、それも5打余して

14日 美々津CC
 OB会の12月度のコンペ。私は今年最後のゴルフ。
組み合わせを見ると、このOB会では最年長87歳のKさん、会社員でありながら市議会議員を務め退職後もいろいろな要職を務めたM先輩、在職中から修業し現在は和尚のTさん、楽しくなる予感のスタート。

 最年長のKさんは、持病に不整脈があるため夏季のコンペの参加はない。また、今年は体調に少し不安かあったためか6ヵ月ぶりの参加。

 スタートホールはM先輩がロングパットを決めバーディー、早くも予感通りの楽しいゴルフになった。
 Kさんは年齢の割には良く飛ぶ、4番ホールで私は手打ちになってものの、そしてKさんは10ヤード先の前進ティーだったが完全にオーバードライブされてしまった。それにミスしても腐らずに次のプレーに集中している。

 途中で上着を脱いでも暑いくらいの陽気の中、楽しくプレーし、アウトをあがった時、Kさんは43、私はひそかに「もしかして、大記録が出るのでは」しかし、意識されると硬くなるかもしれないと私自身も意識しないようにした。

 午後のKさんは、アプローチとパットが冴えた。インの5ホールが終わった時、インのスコアは2オーバー、本人は力みのないスインが出来ており久々に良いスコアが出ると思われていたようだ。私は途中で何度もKさんのスコアを確認していた。

 18ホール終わってKさんにスコアの確認をして、「エイジシュート達成おめでとうございます」と握手を求めた。
87歳のKさんのスコア 43+39=82 エイジシュートに5アンダーだ
 夜は当初から忘年会が計画されていたが、急遽エイジシュート達成を祝う会になった。

エイジシュート.jpg

ちなみに私は 45+44=89 Pt20+17=37
posted by masamaru at 08:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする