2016年04月23日

頑張っているこども達

 熊本、大分の地震は未だに余震が続いています。被災した上にいつまで続くのか先が見えない心労は大変なことと思います。心よりお見舞い申し上げます。
 昨日のTV放送で、避難所にいる小学生たちが、自らボランティアとして立ち上がり、高齢者の肩たたきや床の清掃などをしている様子を見てうれしくなりました。
 そして一般のボランティアなどの支援の輪が広がっているのを見て、まだまだ大変な状況ですがわずかな光が見えてきたと思いました。

 近年は年賀状を交わす程度の熊本の友人たち数人を心配していましたが、直接、間接的に確認でき、人的被害はなく家屋も瓦が剥げる程度だったようです。その中のなかなか連絡できなかった友人は電気主任技術者の仕事をしているため、いろいろな施設の電気設備の点検、そして自治会の役員もしていて、家の片づけは奥さまに任せて夜遅くまで頑張っているようでした。話を聞いて逆に元気を貰いました。

 非常に残念なのは、車中泊によるエコノミークラス症候群など関連死の方が出ていることです。
早く地震が終息し、2次災害防止が進み、これ以上の犠牲者が出ないことを祈ります。

大きな災害が発生すると自粛ムードが高まり、遠く離れた所であっても観光地などはお客が激減するようです。各々ができる支援は最大限努力して、過度の自粛にならないようにも気をつけるべきだと思います。
posted by masamaru at 18:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

4時20分出港

 4時20分に出港の無線を入れると、沖から「出港了解。正丸は今日は何釣りか?」
言いたい事は分かります。鰹釣りにこの時間は遅いのです。

 少し沖に出て振り返ると、西に月、町の明かりも少し
IMG_0209.jpg

 7マイル沖に出ると夜が明けてきた。
IMG_0222.JPG

 仕掛けを9本入れて14マイル沖に出ると鰹が潜行板の仕掛け3本同時に喰ってきた。1本の仕掛けを上げているすきに、他の仕掛けの鰹が横に走り、仕掛けがもつれてしまった。
 もっと効率良く釣ればと思ったが、なんとか5尾。

 釣れた14マイルのラインを南に下って探っていると、鰹の群れに出会ったが、仕掛けのトラブルなどでやっぱり釣れたのは5尾。

 更に南に下っているとまた鰹が来た。しかし同時に通称飛行機と言う仕掛けが水中に潜っている。考えられるのは20kg前後のキハダ等のマグロだ。鰹は捨ておいて引き寄せていると近くに来た時すぐそばの潜行板に鰹が喰ってきてもつれてしまい、回転したために両方とも外れてしまった。結果鰹を3尾、

 それからはまったく鰹の群れに出会うことなく納竿。
 
 津波など大波を観測する気象観測ブイ
 IMG_0226.jpg
posted by masamaru at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする