2016年05月23日

脳の活性化

毎月、投稿のある会員だけでも170名以上の県内唯一の月刊俳誌「椎の実」だが、ネット上の発信がない。
 総会での懇親会で、会長にホームページを作成するべきと提言したところ、「経費が掛かり過ぎる。費用対効果が望めない」と言うことだった。
 後日「パソコンをインターネットに接続している人が自分で立ち上げ運営するのであれば費用は掛かりません」「俳句を始めたい人が、地域の俳句会を知ることができるように、ネット上にそれぞれの句会の連絡先などを掲載しては如何でしょうか。また、ホームページではなくとも掲示板や日記風サイトのブログ等もあります」と改めて提言した。

 椎の実編集部には若い人もいるので期待しているのだが、提案した手前、ホームページに挑戦してみようと、ホームページ作成の古いソフトを引っ張り出して理解しようとするのだが、集中力が続かない。脳の老化をあらためて感じるが、焦らず脳の活性化と思って挑戦してみよう。

 松林の遊歩道から見える枇榔島
CA3E0033.jpg
posted by masamaru at 10:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする