2016年07月29日

今日の海

4時30分出港

暁闇の枇榔島(この時間には30Km北の県境付近に居たかったのだが、寝過ごしてしまった)
DCF00320.JPG

枇榔島を通過する前に明るくなった。
DCF00323.JPG

行ってきます。(北側から見た枇榔島)
DCF00325.JPG

今日の日の出
DCF00329.JPG

大分県佐伯市深島(引縄漁の最中)
深島.JPG

高知県の島(肉眼では見えたがよくわからない)
DCF00332.JPG
GPSで確認したら高知県の島だった。

外道にカンパチの小さいのが釣れた。(記念撮影後はお帰りいただいた)
DCF00331.JPG

残念だが、寝過ごした分だけ釣れなかった。

今日はもう寝ます。
posted by masamaru at 22:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

携帯電話(会社)の乗り換え

使っていた携帯電話の海上での通話可能エリアが、条件の良い時でも10マイル(約19km)と、狭かったので遂に乗り換えた。
今までの電話番号を使えるように、今までの携帯電話会社に行くと、通話可能エリア状況は把握しているらしく快く応じてくれた。

乗り換えに伴ってスマホにしたいところたが、定額の使用料金が高くなることと、ネット接続などが容易になるため、携帯を扱う時間が増えそうなことから、ネット検索などはパソコンにして、携帯は今まで通りのガラケーにした。
ところが使って見ると、国語辞典がない(俳句に必要なことがある)また、機能が余りにも多すぎて必要な機能に到達するのに操作が多い、そのためか使いたい機能に到達できない(例えばスケジュールとアラームの組合せ)しばらくは便利になるはずが戸惑うことの方が多いようだ。

昨日は早速、15マイル沖に入る時に電話があった。その相手から「携帯換えた?」と、以前何度か電話して掛らなかったらしい。

海上での通信手段が漁業無線と携帯の2重化できて安心だが、陸の用事が海上まで追いかけて来そうだ。
posted by masamaru at 09:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

土砂降りの中のゴルフ

月一回の定例のゴルフコンペ
前日の予報は、午前中が小雨で午後は曇りだった。しかし朝は土砂降り、その中を出掛けた。
ゴルフ場に着いても結構降っていた。しかし「幹事は決行します」 我々のコンペ以外は、若い人たちの1組だけで他はすべてキャンセルだったようだ。

その後も降っていたが合羽を着て準備。
アウトスタート、ティショットは真っすぐは飛んだだけ、セカンドはトップ、50ヤードのサードはショート、次のアプローチも2段グリーンの傾斜で戻ってきて、それから3パットのトリプル。
2番ホールのティーショットとセカンド、サードはトップ、アプローチに助けられてボギー、
その後はティショットだけは良くなり、パー2、ボギー4、ダボ1、
9番ロングホールのサードショットを打ったところで、キャディーさんが「アイアンが振り抜けませんね!」そうです。ダフリを意識するとトップし、たまにはシャンクも出る。

汗か、合羽を着ていても中は下着までびっしょりになったので、着替えて昼食。
昼からは曇りのはずがまったく降り止まなかったが、午後も続行とになった。しかし、10番ホールに行くとフェアウェイに大きな水溜りが出来ていてプレーは困難な状況で遂に中止。
コンペはハーフの成績で成立させた。
46 PT18 ところが、皆さん雨で調子が悪く私が準優勝
このコンペは3回連続雨だった。たまには晴れた日にゴルフがしたいものだ。
posted by masamaru at 06:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

キスの刺身

毎年1回、同窓の友人二人とキス釣をしている。今年は私の都合や天候などで延び延びになっていたが、昨日例年通り実施した。
後部甲板はホロがあるので、日差しを避けることができるが前方は陰がないのでシートでホロを作った。しかし竿が当って投げ込みしずらいと外したので、友人二人は強い日差しの中で一日釣り。海風が適当にあったのでなんとか耐えることができたようだ。

大雨の影響でいまだに海水が少し濁っていたからか、喰いが少し鈍かった。それでもキス以外にもいろいろな魚(メゴチ、エソ、ヒイラギ、トラ鯊、べら、マゴチ、真鯛の子、ホウボウ、キタマクラ)が釣れた。

キス釣の竿とリールは何本か持っているが、使用したのは妻より古い竿、手元の部分は六角形にした孟宗竹を張り合わせて作ってあり、穂先は非常に柔らかいグラスファイバー製、後で考えると昔よくキス釣をしていた時は天秤を使わず、ナツメ重りだけだった。一時は「俺も合わせの反応が鈍くなった」と思ったが、キスの当りがあっても針掛かりが悪かったのは天秤を使うには竿が柔らかすぎたようだ。

暑い中、午後3時まで釣り納竿。帰宅して道具を片付けていると、妻が「キスは49匹でした。ご近所にお裾分けします」と半分以上を配っていた。そして「キスの刺身は作ってください」
キスの刺身(糸作り)
CA3E0254.JPG
3人前と思って作ったが、少し多過ぎた。

7月に入ると始めたい引縄漁があるのだが、濃霧や風に阻まれ、豪雨で海も濁ったためか魚場が40kmと遠いので様子を見ている。今日はベテランが出かけて漁があったら連絡を貰うことになっているが、台風1号も気になる。

posted by masamaru at 08:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする