2016年09月03日

危機管理

所属している10人の俳句会で、地域のこども俳句大会の運営をしている。その運営の危機管理が二つ。一つは、希望される学校へ出向き「俳句出前講座」を実施しているが、その講師は元校長先生の我々の俳句会の師(85歳)にお願いしている。もし、その師が急な体調の不具合などで、教壇に立てない場合、我々会員で代行できるように準備(講座用の原稿などの作成)している。

先日、出前講座の前日になって、講師が体調の急変を訴えられた。慌てて講座用の原稿や短冊などを準備し、原稿に何度も目を通した。
当日になると、点滴の効果があったのか師の体調が回復。2クラス目に少しだけ出来た句のチェックを代行する時間帯はあったものの、無事講師による出前講座が終了した。
いつ、講師を代行するかわからない緊張の中で師のサポートをしていて、生徒とのやり取りなど勉強になる出前講座であった。
もう一つの危機管理は、こども俳句大会の運営に伴うファイルを65通作成し、ファイル間のリンクなどで省力化を図っている。そのファイルの共有化のための勉強会を実施している。

 流れ着いたヤシの実
DCF00423.jpg

脳の疲労

 9月1日は年に2度あるゴルフコンペ。睡眠不足が続いたりしていたので、キャンセルも考えたが、体を動かすのが体調を整えるのによいかもしれないと参加した。
 前日に練習すると、飛ばない、曲がる。
 当日は100を切ることを目標に力まずにと思いスタート。
 アウトは時々よいショットもあって、何とか45、ところがインに入ると特にアプローチとパットが悪い。ショートホールはトリプルとダボと特に悪かった。集中力がないと思い、いろいろやってみたが、効果はなかった。結果45+48=93 Pt=38
 集中力のないのは脳の老化が心配されるが、脳の疲労と思うことにした。
posted by masamaru at 15:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする