2017年01月08日

初漁や丸い地球に吾一人

7日、今年の初漁は遅くなってしまった。出漁日も、出漁時刻も

6時20分に出港。その頃は、まぎり(曳縄漁)の仲間の船のほとんどが、港から14〜15マイル沖にいたようだ。
沖に出て、9本の仕掛けを投入して、まぎり始めたのは8時を過ぎていた。
水温が年末釣れた時より0.3℃低いので、水深180mのラインを南下していると、「鰹が釣れた、19分(北緯32度) 」と無線が入る。現在地が24分だから随分南だ。後で考えると仕掛けを上げて釣れた海域に直行すべきだった。

海上では遠くまで見えると思いがちだが、水面からの高さをHmとするとその平方根の2倍が見える水平線までの距離(マイル)なので、仮に高さを3mとすると、√3×2×1.85=6.4Km したがって、少し離れると見えなくなる。山は高いので見える筈だが、もやって視程は20Km程度が多い。周り360度水平線、そして船が一隻も見えないことはよくある。やっと、1時間以上かけて仲間の船がいる海域に到着したが、なかなか釣れない。

昼前になって時々釣れるようになったが、擬餌針を水面近く引っ張る通称飛行機と潜行板に釣れる割合が同程度だ。群れに当たったときは潜行板に良く釣れるはずなのにと疑問が残った。

14時が過ぎた、途中までまぎりながら帰ると2時間かかるので、港に向ける。しかし、途中は1尾釣れただけ、他の船も釣れなかったようだ。

釣果は16尾、ベテランたちはその2〜3倍釣っている。帰港後、あるいは今朝、市場で情報収集した結果を集約すると、潜行板を引く糸の長さ不足、糸を長くした場合潜行板が潜りすぎないようにする必要があるので潜行板の再設定が必要だ。引縄漁はなかなか奥が深い。

釣果
DCF00642.jpg

句集が出来上がりました。(正丸のみ紹介します)
正丸句集.png
posted by masamaru at 13:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする