2017年01月24日

天国でもゴルフ  出漁の沖の島浮く寒さかな   92歳のマジシャン

天国でもゴルフ
OB会のゴルフ、この1か月間練習場には行かず素振りのみだった。その結果、ティショットはまずまずだったが、アイアンショットがトップして手に響き痛いこと。それでも午後は少し良くなり、最終ホールでボギーなら90が切れるところをダボ。
キャディーさんを交えての会話「天国に行ってもゴルフをしましょう」「その時も私がキャディーをします」気配りがあり、ユーモアもあるキャディーだった。
ほとんどの県が雪マークの予報の中、青空でした。
DCF00687.jpg

出漁の沖の島浮く寒さかな 
17日に出漁した後港にも行っていないので、状況をつかめていないが、17日は出漁した10隻の船のほとんどが釣れなかった。(その後は風の日が多く、用事も多い)。
ベテランの無線を聞いていて気付いたが、潮の色が若干変わっていた。
黒潮のその名のとおりの色だったのが、深い青色になっている(言われないと気付かないほどの変化)。黒潮が蛇行し、鰹なども黒潮と共に沖に出たのかもしれない。 

92歳のマジシャン
労働金庫の日向地域友の会の新年会に参加した。その出し物で手品があったが、楽しいトーク、そしてそばで見てもタネが分からなかった。後で聞くとその方は92歳で終戦間際は特攻隊員だったそうだ。そして、施設などの慰問にも行かれるそうだが、「自分のボケ防止だ」とおっしゃっていた。後日、終戦間際のころの話を聞かさせていただく約束をしました。
170118_115543[979].jpg
posted by masamaru at 09:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする