2017年06月21日

日本刀の匠 國正

地元に、日本美術刀剣保存協会の無鑑査に認定されている、刀工が居ることは知っていたが、いきなり尋ねるのも躊躇していた。
市議会議員を長年勤められた先輩が、その刀工の父親と同時期の議員だったと聞き、見学の交渉をお願いし、日本刀の匠 國正(松葉一路氏)の元へ、昨日仲間と伺うことができた。

伺うと、作業中で隕石から抽出した鉄鋼を鍛錬中だった。鍛錬とは、私の理解不足かもしれないが、熱し折り返し打撃することによって強靭さが増す、また、隕石から抽出した鉄鋼は非常に硬く、日本刀の中心的素材に使うようだ。
刀工のイメージから、作業現場を見せていただくだけかもしれないと思っていたが、熱く説明していただいた。鉄鋼を熱する温度、そのための炭の種類(松炭)、鞴(ふいご)の使い方、炎の色、また、たたら製鉄の1000年続く歴史、素材や炭などの調達の苦労、あるいは弟子の話などを聞き、また日本刀を見せていただくだけでなく、持たせていただいた。

國正様 忙しい中丁寧に説明いただきありがとうございました。

 刀匠の極むる想い夏最中

熱した鉄鋼の鍛錬
DSC_2464.jpg

隕石から採った鉱石
DSC_2452.jpg

試し切りした竹
DSC_2485.jpg
posted by masamaru at 05:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

久々のゴルフ  ハマグリの稚貝

 定例のOB会のゴルフコンペ、練習もあまりしなかったせいか久々の感があった。
 OUTスタートのティーショット、フックしたが松の木に当たりセーフで何とかボギー、2番ホールも同じようなボギー、3番のショートホールは5番アイアンの近頃にないショットでピン下70Cmのバーディー、その後はアプローチのミスや3パットで、ほぼボギーペースで42、しっくりしない割にはまずまず。

 INに入ると、ティーショットがフックしてOBスタート、その後もフックが続き、アイアンも手打ちそしてアプローチの距離感も悪くダボペース、上り2ホールでパーがとれたが、50を切れなかった。
 42+50=92 パット17+19=36
 ショートコースなどで芝の上での練習が必要と感じた。

ハマグリの稚貝の保護
 ウォーキングに時々行く海岸は、蛤が生息している。海が荒れている時だけでないので、原因が良くわからないが、蛤の稚貝が打ち上げられていることがよくある。ほっておくとカラスに食べられたり、暑さで死滅するので、拾って波打ち際に埋める。先日も20個近くを保護した。
 何が原因で減少しているか分からないが、打ち上げられて死滅するのも原因かもしれない。
蛤.jpg
数個を波打ち際に埋めて保護


posted by masamaru at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月11日

ウミガメの産卵

先週、海岸の砂浜をウォーキングした時に、ウミガメの足跡と産卵した後を見ることができた。
170608_165829-1.jpg

産卵した跡
170608_171100-1.jpg

170608_170132-1.jpg

170608_170233-1.jpg

今年は、例年に比較して産卵が遅いのか、あるいは少ないのかもしれない。

posted by masamaru at 11:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月01日

「海」の俳句

 宮崎県内で唯一、月刊で発行されている俳句誌「椎の実」、毎月の投稿(5句)とは別に、年一回の俳句大会に向け、20句まとめて応募する「季羊賞」に、挑戦をした。
 漁の句は少ないので、「海」で括ったのが、少し評価していただいたようだ、しかし、改めて見ると、間違いもあり、まだまだ推敲不足。

29季羊賞2.png
posted by masamaru at 20:40| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする