2017年12月29日

今年最後の鰹漁は22尾

今年、最後の漁は風が穏やかなようだったので鰹漁にした。先に出漁した僚船の無線ではあまり釣れていない様子なので、南に向かった。ところが、まったく釣れない。その後僚船が釣れるようになので、移動すると、20隻近い船がいた。そして釣れるようになったが、同時に何尾も釣れて引縄がからまって解くのに時間を要した。昼過ぎ、20尾は釣ったと思っていると、ほんどの船が帰港し始めたので、港へ向け舵を切る。
今年最後の漁だったので、お世話になっている人たちにお裾分け。あちこち回ったので漁と同じぐらい疲れた。随分したつもりだっが、まだ9尾残っていた。魚好きの娘家族が帰ってきても大丈夫だ。
DSC_0215.jpg
posted by masamaru at 23:01| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

今年の句集作成完了

 俳句を始めた年の末に、記録を残そうと提案し、始めた句集作りも今年で10年になる。
 各自、月ごとに5句、年間60句、それぞれ題をつけ、その題に合った画像を背景に貼り付けている。
 近頃加入した会員は趣旨が飲みこめないのか、積極的でないが当初からの会員には好評だ。

 加入している2つの句会の句集が本日出来上がった。会員が増えるのは喜ばしいが、今後はやり方を変えなければ、継続が困難だ。なんとか会員数分19冊出来上がった。

DSC_0212.jpg

posted by masamaru at 21:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

句集作成

 年末は所属している2つの俳句会の句集作りが忙しい。皆さんが資料を早く出してくれると、楽するのだが、いよいよ押し詰まって出す人がいて、大変だ。

 まず、正丸の分を作った。
緯度経度.png
posted by masamaru at 15:56| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

冬の海世間の届く二十海里 

二日続けての鰹漁 
 6日は、昼過ぎまで、数尾釣っただけ、昼からもポツリポツリだったが、午後2時過ぎて行った気象観測ブイ付近でよく釣れた。4.4kgの大鰹も釣れ、他に針を取られたのもあったが、港までの所要時間を考えると午後3時がタイムリミットで残念だが、港に舵を切った。釣果は26kg

 7日は、広範囲に探って、あちこちで数尾づつ釣り、55kg程度、まだまだ課題が多い、道具の改良、釣れた時の操船、釣れた魚の〆方など学ぶことが多い。漁師歴40年以上のベテランたちに追い付くのは容易でないが、研究が必要。

冬の海世間の届く二十海里
沖で漁している時に、ある会の事務局から来年の行事日程の相談があり、できた句です。

行ってきます。
DCF00052.JPG

この景はつい撮ってしまう。
DCF00053.JPG

気象観測ブイと僚船
DCF00050.JPG


posted by masamaru at 17:46| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月03日

漢らは冬の鰹に出漁す

強風注意報が発令中だったが、高気圧の中心になる予報だったので、港から5kmの枇榔島の周辺でハガツオが釣れた情報もあり、出漁した。しかし、ハガツオはおろかサゴシ、ハマチなどもまったく釣れない。僚船たちは早々とあきらめ、これ以上風が強くなることはないと判断したのだろう、20kmほど沖の鰹釣りに出て行った。弁当を持っていなかったので、迷ったが遅れて、鰹釣りに。結果、鰹20尾、シーラー2尾、弁当を持っていたらもう少し粘れたのに残念。

真っ暗な中沖へ(沖の島の灯台の明かりと、漁労中の船の明かり)
DCF00026.jpg

水平線が明るくなった
DCF00023.jpg

日の出
DCF00020.jpg

DCF00017.jpg
posted by masamaru at 11:02| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする