2015年09月16日

引縄漁の潜行板

昨日は9時から所要があったため、朝だけの太刀魚狙いの引縄漁
5時出港、まだ灯台や遠くの工場などの灯だけの闇の中を航行、太刀魚の引縄漁は太陽が水平線に見えるまでの30分程度が勝負だ。とりあえず仕掛けを入れて魚場に向かう。

 仕掛けは小さい潜行板の後ろに疑似針をつけて引っ張る。
まだ暗い中、右舷側の仕掛けの角度が浅く浮いている感じだ、引っ張って見ると潜行板の抵抗がない、引き寄せてみると太刀魚ほど長くはなく、サゴシ(鰆の幼魚)だ。 本命ではないが「まあいいか」、ところがその後も釣れるのはサゴシばかり。

 薄明るくなり太刀魚には最も良い時間帯、曳きながら場所を変えてみるが釣れるのはやっぱりサゴシ、それも何故かほとんど右舷の仕掛けだ。

太刀魚の時間帯を過ぎたので予定通り終了、釣果はサゴシ10尾、それも右舷の竿で9尾と差があったので、仕掛けを上げる時に潜行板の動きを確認すると右舷の仕掛けは左右に大きく振るが、左舷の仕掛けは振りが小さい。この差が釣果の差になったようだ。
庭の畑のオクラが咲いていた
CA3E0041.JPG


14日

定例のゴルフコンペ、薄曇りの絶好の日和
先月は特にアイアンが悪かったので、なんとかしたいと海岸を散歩する時に、沖向けて7番アイアンの素振りをしていたのでその効果を期待していた。

アウトのスタートホールはバンカーで2打などのトリプル。2番はダボ、3番4番はパーだったものの、5番でまたトリプル。素振りのイメージが思いだせないままだった。

コースの近くに咲いていた彼岸花
CA3E0037.JPG

インのスタートホールで、ティーショットは木の中で出すだけ、3打目は上手く打てたと思ったがグリーンオーバー、そして3パット、結果トリプル。
その後はドライバーのミスや3パットはあったが、アイアンはまずまずだった。
結果、46+43=89 pt 18+17=35
久々に90を切ったので、素振りのイメージとは異なると思っていたが、効果はあったようだ。


posted by masamaru at 06:20| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミスがあっても80台は流石です。
いい気候になりゴルフも楽しくなりますね。

釣りで鍛えられたお体 かっ飛ばしてくださいね〜〜〜

お彼岸も近く彼岸花が綺麗です。
Posted by michiko at 2015年09月18日 10:24
michikoさん

 今日は予定行事かないので出漁のつもりでいたら、津波注意報で中止しました。
近 頃は、大雨、噴火、地震など多く心配されます。

 久々に90が切れて良かったのですが、まだスイングに迷っています。ただ、マットでの打ちっぱなしより、素振りが効果があるのではと思っています。

michikoさんは、泊りがけの2日連チャンのゴルフなど、お元気なことに驚いています。


Posted by 正丸 at 2015年09月18日 14:26
宮崎沿岸でもサイズは小さいですが太刀魚が平均30キロ程度釣れだしました。

苦しい生活がずっと続くのかと思ってましたがなんとか回復出来そうで安心しています。

こっちでは太刀魚まぎり漁はサンマを引っ張ってますよ!
Posted by 海倫丸 at 2015年09月20日 19:15
海倫丸 さん

久しぶりです。
太刀魚を平均30キロとはすごい!

こちらでの太刀魚は、船を流しながらジギングか、天秤仕掛けの餌釣りがほとんどのようです。引縄でやっている人はいないようです。
海倫丸さんの漁法をぜひ教わりたいものです。

今日は、金フグ(白サバフグ)の胴突き仕掛けによる餌釣りを試してみました。従来の引っ掛け針で引っ掛ける漁法は数匹の釣果でしたが、胴突き仕掛けには当りが続き、2時間で20数匹でした。工夫が必要のようです。


Posted by 正丸 at 2015年09月20日 20:25
ありがとうございます。
やっぱり素振りですね。 
PCでシャドースイングが一番いい練習方法と書いていましたので今やっています。

正丸さんのご体験から素振りもやってみますね。

ついつい練習場に行くのが億劫になり 困ったものです。
練習しないと上手くなりませんものね。泣
Posted by michiko at 2015年09月23日 12:35
michikoさん

michikoさんは、気候がよくなり実力を発揮されて80代ですね! 
今後のスコアに期待しています。

私は少し腰が痛いなどで、練習場にも行かず、素振りもしていので、30日にコンペも期待できません。
Posted by at 2015年09月23日 20:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック