2015年12月23日

鰹と地震

以前の私の鰹の引縄漁は、20マイル沖の浮き漁礁(回遊魚は浮遊物に集まる習性を利用した気象観測などを兼ねた設備)に行き、釣ることが主だった。

現在、私が所属している漁協の引縄部会は、鰹が釣れ始めると呼びかけて一斉に出漁する。そして無線交信により、どのエリアに鰹がいるか把握し釣れる海域に集まる。

今シーズンは11月末に始まった。当時の海水温は22℃台だったが少しづつ下がってきた。海水温が下がると鰹が喰わないのではなく、急な温度変化があると慣れるまで喰わないらしい。したがって日替わりでむらがある。

ところが、21日に日向灘で地震があり、21日と22日は10隻以上の船が出て、釣れたのは両日とも全体で3尾だった。
近頃の部会全体では、17日○、18日△、19日◎(釣れた人は100尾)、20日○、だったので、地震の影響が大きいと思っている。しかし海水温の急な変化の影響、あるいは鰹の群れがこの海域からいなくなったことも考えられる。
ベテランの一人が「今年の鰹は終わった」と言っていた。年末の魚の需要の多い時期に残念だ。

港のすぐ沖の乙島
乙島2.JPG
行ってきます!
posted by masamaru at 09:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地震で鰹が逃げて行ったんですね。

温暖化で魚も居場所を探しているようですね。

初めてカツオ菜というものを食べました。

カツオのように美味しいんですって?
Posted by michiko at 2015年12月25日 17:06
michiko さん

鰹が、今の時期に来たのは3年振りでしたが、なぜ急にいなくなったかはベテランたちにも確信はないようです。
私は地震の影響が大きかったのではないかと思っています。

カツオ菜は聞いたことがありません、ただネットで見た写真だとスーパーで見たことがありそうです。今度気をつけて見ます。
Posted by 正丸 at 2015年12月25日 20:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/431562020

この記事へのトラックバック