2016年11月02日

64cm➡70cm➡1m?

 5時20分出港
 本日の予定は28日、31日にハマチを釣った枇榔島ではなく、南下しサゴシ狙い。(昨年は11月半ばに実績があり、数日前に友人が20尾釣ったとの情報があった)

 途中の通過海域で太刀魚釣りの道具を入れる。薄明るくなったころに3尾釣れるも仕掛けが切れる。太刀魚は釣れるのが薄明るい20分程度しかない、特に天気の良い日は短時間のため仕掛けを作っている時間はないので、そのまま南下。
 実績のある海域を広範囲に探るが全く当たりがない、先に来ていた船も帰ってしまった。そして後から来た、数日前に20尾釣った友人も、全く釣れないと言う。原因は濁り潮のようだ。したがってこの海域はしばらく釣れないと思われる。

 夜明けに太刀魚が釣れた海域に戻ってきてサゴシが釣れたあと、引縄用の竿が大きくしなった。引き寄せようとすると重い、仕掛けが70mあるのでなかなか寄ってこない、28日には64cm、31日は70cmのハマチを釣ったので、今日は80cm以上の鰤かもしれないと思っていたが、姿が見えてがっくり、1mを超える鮫だ。今日はすべてについていなかった。

太刀魚が釣れる時間帯
11.2日の出3.jpg

持って帰ることも考えたが(湯がいて酢味噌で食べるとおいしい)妻の嫌がる顔が浮かんだので、お引き取りいただいた。
鮫1.JPG
 
 
posted by masamaru at 16:25| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太刀魚漁 残念でしたね。
夜明け頃の薄暗い時間帯が食事時間なのでしょうか?
美味しいお魚ですよね。

鮫は 子供の頃 煮魚で食べた記憶があります。
やはり 湯がいてから調理してました(母が)・・・
うろ覚えですが、美味しかった ように覚えています。

次回 太刀魚が沢山釣れますように・・・。
Posted by zucca at 2016年11月02日 22:24
夜明けの空・・・
瑪瑙みたいで神秘的な美しさですね!
それにしても鮫(^^;
以前「海の主釣り」という、スズキ釣りのゲームをやったことがあって、1時間以上かかって釣れたのが鮫でした。
ゲームでも凄く重くて、全然動かなかったです。
ずいぶん昔であまりきちんと覚えてないのですが、烈しく横走りする魚(ヒラマサ?カンパチ?)、すぐに釣り糸を切る魚(スズキ?)などいて、けっこう嵌りました。

次はお目当ての魚がたくさん釣れるといいですね♪
Posted by めぐる at 2016年11月03日 01:39
太刀魚 きらきら光ってスマートなお盛んですね。

正丸さん 奥様のお気持ちよくお分かりになりお偉いです。
夫も美味しそうなお魚 お野菜があれば買ってきますが・・・料理するのは私。
大変なんです。(笑)
Posted by michiko at 2016年11月03日 16:33
zuccaさん

夜明けの魚は活性が高くなります。
太刀魚は浮き上がってきて、水面近くの小魚を捕食します。

鮫の湯がきは当地でも魚屋に見ることが少なくなりました。イメージで敬遠されるのかもしれません。
Posted by 正丸 at 2016年11月03日 19:54
めぐるさん

 夜明けの海は魚の活性が高いので、写真を撮っている間はないのですが、魅せられてつい撮っています。

 ヒラマサ、カンパチ、スズキは海のスプリンターです。これを一度でも、針掛かりさせると釣りの魅力にハマるのがよく見るパターンです。
Posted by 正丸 at 2016年11月03日 20:06
michiko さん

ベテラン漁師に言われたことがあります。
太刀魚漁は、短時間に要領よく釣るのも技術だが、釣った太刀魚の銀粉をいかに落とさず、銀ピカの状態で出荷できるかも技術だといわれたことがあります。

船の上で捌いて持って帰ることもできますが、やはり、鮫と聞いただけでダメだったようです。
Posted by 正丸 at 2016年11月03日 20:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/443353113

この記事へのトラックバック