2017年01月30日

冴え返る右も左も航海灯  4.2Kgの鰹

 6時10分 「正丸、出港します」に「正丸、出港了解。今日は上(北の方)だ」と教えてくれた。
 港を出ると、なぜか船が多い、大型貨物船が錨泊、そして帰港中や漁労中の船がいれ交じる。夜が明ける前は、船の動きを航海灯(左舷が赤、右舷が青)とマスト灯で判断するが、遠近感がなく動きの判断が難しいく神経を使う。
 枇榔島を通過してしばらくすると、もやっているからか周り360度、闇。先に出た8隻の僚船の灯も見えない。
 1時間半以上走って、既に引縄漁中の僚船が見えてきた。しかし、釣果ありの無線がない。
 水温計を見ながらジグザグに北上する。最初に釣れたのはソーダカツオ2尾、それから更に沖の方を北上して、水温が18℃を超えると、他港のやはり曳縄をしている船が同じ海域を行き来しているので、その周辺を曳くと来た!待望のシビだ。その後すぐには釣れなかったが、周辺を徹底して曳くと来た!それも3尾同時に、それからはしばらく釣れなかったが、さほど離れていない海域で1尾釣れ、更にしばらくして釣れたのが、当初は何?と思うほどの、4.2Kgの初めて見る大きな鰹。

 鰹を釣ってからは全く釣れなくなって、僚船も南下しているようなので、ジグザグに蛇行しながら南下、途中釣れたのはシーラー2尾のみ。

 反省すべきは、潜行板と擬餌針間のテグスは大きいので結ばずに、スリーブを使って圧縮してつなぐが、圧縮がすぎて、テグスが切れていた。それから、水面を波立たせて曳く飛行機の糸が弱っていたらしく、切れていた。切れたがため魚が散った可能性もある。点検などの重要性を感じた。
通称:飛行機
DSC_2026.JPG

スリーブ際
DSC_2028.JPG
posted by masamaru at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大物おめでとうございます。
もしかしたら大漁だったかもしれませんね。
残念でした。
Posted by あ〜すけ at 2017年01月31日 21:17
あ〜すけさん

コメントありがとうございます。

この漁は当たり外れが顕著で、ベテランでも私より釣れていない方がありました。
Posted by 正丸 at 2017年02月01日 05:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446477677

この記事へのトラックバック