2017年02月07日

盆梅の小さく香る時空かな

我が家の「妻の日」に提案して、盆梅展に行ってきた。

小さな鉢に何十年あるいはそれ以上、一見、アンバランスだが見事なバランス、以前見た作品ほどの古木はなかったものの一見の価値はあった。

DSC_2041.jpg

DSC_2034.jpg

DSC_2029.jpg

DSC_2039.jpg

DSC_2030.jpg

DSC_2040.jpg

黒松も一鉢
DSC_2038.jpg

句集の背景に使えるかもしれないと思い出かけたが、梅たちに失礼だと思えた。
posted by masamaru at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盆栽というのもまた奥が深そうですね。
こんな趣味は、私の甲斐性ではとてもとても。

釣りも一時期やりましたが、私の場合は、千円の竿でゴカイ付けて近所の岸壁から投げる程度で・・・
竹輪を餌にして、イカを釣ったりもしました。

俳句も解説本すら、思うようにはならないので、句会なんぞは無料のネット句会ばかりです。

今回の御句は、第26回blog句会「悠々自適」にぴったりな型ですねぇ。
盆梅展の一間にいるような臨場感を感じました。
Posted by あ〜すけ at 2017年02月07日 23:23
盆梅展 可憐で綺麗ですね。

一年間大切に育てれお見事です。

盆梅展 私の故郷 琵琶湖の近く
 毎年素晴らしいお花を見せてくれます。
 古木で枯れそうな木にも美しい花が咲いています。
 愛おしい気持ちになるんですよ。

寒くなるようです お体お大切にお過ごしください。
Posted by michiko at 2017年02月08日 16:13
あ〜すけさん

私の場合、盆栽は見て楽しむ程度です。
自然界の大樹、老木を鉢の中に見ると感動することがあります。
いつも、俳句の批評をしていただきありがとうございます。私はできるだけ現地で見たものを俳句にしたいと思っています。
Posted by 正丸 at 2017年02月08日 21:01
michikoさん

盆栽は生きた木と相談しながら作っていくので、根気と技術が必要だと思います。ただ、私が知っている盆栽をされる方は、短気でした。
今度の寒波で、御地も大雪になるかもしれませんね!対策をされた方が良いと思います。
Posted by 正丸 at 2017年02月08日 21:14
盆梅、見事ですね!
梅の清冽な香りまで感じるような、贅沢な時間のお裾分けを頂きました、有難うございます(^^)

私も今日、スーパーで木瓜の鉢が出ていたので、
好きな色(夕焼け色みたいなの)を選んでひとつ買いました。
なかなか育てきれないんですけど・・・今度こそ、今度こそと思っているところです。
Posted by めぐる at 2017年02月09日 01:00
めぐるさん

植物、特に鉢物を育てるのは難しいですね!
私も、ずいぶん枯らしあきらめました。
鉢で木瓜を育てるのは大変かもしれませんが、頑張ってください。

Posted by 正丸 at 2017年02月09日 04:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446767402

この記事へのトラックバック