2017年03月12日

ナブラ湧く

11日
 天気予報では、高気圧が九州を中心に張り出していたので、凪と決めつけて出漁した。
 ただ、前夜が遅かったので、6時を過ぎていた。無線を入れると「沖は風が強くて、皆、引き返してきた。沿岸の鰆漁に切り替えている。上(北)に4隻、下(南)1隻行っている。鰆漁をするのであれば下(南)に行ってくれ」それで、鰆漁に切り替えた。
DCF00699.jpg

 近場から丁寧にまぎる(曳縄する)が、全く反応がない。おまけに北に上った船も、南に下った船も釣れないと無線で愚痴っている。
 鰆の実績のある岩場近くをまぎっていると、少し沖目に鳥の乱舞がある。近づくとナブラ(小魚の群れが、大型魚に追われて水面に追いやられている状態)が湧いている。
DCF00702.jpg

 ナブラ状態のときは餌が豊富なためか、擬餌針には喰わないことが多いが、周りをまぎってみる。ナブラから少し離れたところで来た! 曳縄を引っ張ると重い、60mの曳縄を引き寄せて魚体を確認するとハマチだ、手にテグスを巻き付けて引き上げると70cm程度のハマチだ。その後はナブラが沸く度に釣れるわけではなかったが、時々釣れる。60mの曳縄を引き寄せるのは結構重労働だ。
 ナブラが湧かなくなってからは、岩場近くを丁寧にまぎると時々釣れた。
 結果 ハマチ11尾、サゴシ(鰆の小さいもの)(1kg1.4kg)全重量42kg ハマチ2尾は捌いて娘家族に送ったり、お裾分け、残りを出荷

 豊漁貧乏
 当日は定置網にハマチが1000尾入った為、値が安い。
 
posted by masamaru at 17:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは!
ハマチ 11尾も釣れて 大漁ですね。
おめでとうございます。
豊漁貧乏という言葉があるのですね。
豊漁でも 素直に喜べない・・・複雑な心境かしら・・・
でも お嬢様たちもさぞやお喜びの事と思います。
ブログを拝見してる私まで嬉しくなりました♪

こちらでは ハマチと言うより ワラサ と言うようです。
Posted by zucca at 2017年03月13日 21:38
zuccaさん

コメントありがとうございます。
鰤は出世魚で、成長の過程で、また地方で呼び名が変わるようです。

娘家族は友人を迎えて、しゃぶしゃぶの宴会だったようです。
Posted by 正丸 at 2017年03月13日 22:09
新鮮なお魚食べられるお嬢様ご一家はお幸せですね。

賑やかに宴会 お話聞かれた正丸さんもニコニコですね。

今年はいかなごが高くて大変なことに。
Posted by michiko at 2017年03月14日 11:25
michikoさん

ありがとうございます。

いかなごの話はラジオ番組で聞きました。
宮崎や鹿児島で多く獲れていたきびなごが近年獲れないようです。いかなごは一時的なものかもしれませんが、だんだん資源が枯渇するようで心配です。
Posted by 正丸 at 2017年03月14日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック