2017年03月31日

引き寄すも手鉤を嫌ふ春の鰤

鰹釣りを薦める人もいたが、前日の撮影会で、ナブラをたくさん見た枇榔島付近の曳縄漁にした。
ところが前日の海域に行くも、まったくナブラは見当たらず、釣れない。延岡市の漁協所属らしき船も、同じ海域をまぎる(曳縄漁)が、その船も釣れないようだ。
前日、ナブラには出会わなかった、枇榔島の沖側に回ると、枇榔島から500m以上離れたところで鳥が舞っている。そちらに移動するとナブラだ。ナブラの周辺を回っていると「きた!」左側の竿に来たので、左旋回しながら引き寄せようとすると、先日釣った3.5Kg級のハマチよりはるかに重い。あと5mほどになると左右に走り強烈な引き、ようやく引寄せて、テグスを手に巻き付けて抜きあげる。7〜8Kgの鰤に近いハマチ(鰤の定義はいろいろあり、5Kgを超えるもの、8Kgを超えるもの、80Cmを超えるものと様々だ。また、関東ではハマチのことをワラサと呼んでいる)

その後もナブラを探しながらまぎると、喰ってくる。曳縄の全長が60mあり、大きいものはテグスだけでは抜き上げができず、手鉤を口に打って抜きあげるが、重労働だ。
昼前になると、ナブラが見当たらなくなって、鳥もいなくなった。そしてまったく釣れなくなった。

9Kgと8.7Kgの鰤?(僚船の船長に言わせると、10Kgを越えないと鰤ではない)
DCF00713.JPG

4.3Kg〜9Kgが合わせて9尾
DCF00716.JPG

 反省点
 その1 群れが移動したものと判断したが、鰹漁に出ていた船が不漁だったこともあり、私の無線で戻ってきて同じ海域をまぎったところ14時過ぎてから釣れたようだ。群れが移動したのではなく、餌の小魚がいなくなり、海底近くにいたようだ。曳縄を更に長くすべきだった。

 その2 釣れている時に、曳縄(20cm間隔で重りの付いたビシマ糸)が2度縺れ、解くのに時間を要した。引寄せるときは魚に夢中になっているが、細心の注意が必要

 

posted by masamaru at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大魚ですね。

鰤 9キロ 引き上げるのには体力いりますね。

ゴルフには役に立っているのではないでしょうか?

暖かくなったらかっ飛ばしてくださいね。
Posted by michiko at 2017年03月31日 15:06
michikoさん

コメントありがとうございます。
おかげで、今日はまだ肩が凝っています。

そろそろゴルフに良い季節になりますね!
すこし、ゴルフの練習もして、楽しいゴルフができるようにと、考えています。
Posted by 正丸 at 2017年03月31日 17:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448595491

この記事へのトラックバック