2017年05月03日

二枚潮と腕の差

5月2日、鰺を目的の釣行
枇榔島の沖に出ると、釣船が2隻は北西の方向を向いている。風によるものか潮の方向か分からなかったが、下り潮(南下する潮)と想定してポイントを選ぶ、
しかし、表層は若干下っているが、底潮はほとんど動いていない。そして風は潮の方向と90度の差があるため、その強弱で船の位置が変わる。
小鯛とカサゴは釣れたが、鯵はいないようなので、水深65mの瀬に移動。
錨を2度入れなおして、狙うポイントに船をつけたが、両舷の竿を出して、船の位置を確認すると動いている。
2kmほど北の瀬で釣っていた、僚船がやってきて「のぶ瀬は船が動いて釣りにならん」と、そして、お互い時々錨を入れなおすが、が釣れない。

昼前になって、底潮が若干だが上り潮なったので、300mほど移動すると、魚探に鯵らしき反応が、錨を入れて釣り始めるとすぐに鯵が来た。しかし、船の位置が変わり続かない。
錨を入れなおして昼飯と決めて、釣り始めるとすぐ鯵が釣れ、次に大きい鯖が来た。しかし、やっぱり船の位置が変わる。錨の入れ直しに厭きて、その間隔を長くなってしまった。

釣果は、鯵3尾、鯖3尾、他に小鯛などの雑魚、しかし、僚船は最後に、朝釣っていた2km北の瀬に移動し、鯵を20尾以上釣っていた。
僚船の船長は、根っからの漁師で、今も鯵釣りなどは手釣りだ。「今の時期は今日のように船の位置が定まらない、錨の入れ直しをまめにやらなければ漁はない」と指導を受けた。
私はお裾分け程度だが、僚船は、当地の鯵の市場で評価が高こともあり、漁として成り立っている(特に活き鯵は鯛の倍以上の値)腕の差には根気もあるようだ。

反省の多い帰港
DSC_2286.JPG
posted by masamaru at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449559466

この記事へのトラックバック