2017年05月12日

今年の鰹漁

 天気の良かった昨日、港に行くと、曳縄部会の船はほとんど出漁していなかった。
 16時ごろ、唯一出漁していた曳縄漁の船が返ってきたので、様子伺いに行ってみると鰹を10尾釣っていた。

 朝、2時前に出港して、南に20数マイル、沖に20マイルにある2号ブイ(浮き漁礁)に行き、夜明けに10尾釣ったそうだ。その後は餌を撒いて釣る大型船が来たので、釣りながら北上して気象観測ブイ(これも浮き漁礁と同じように鰹などが付く)の周辺を釣るが全く釣れず、それから港まで、鰹は釣れなくともシーラーは釣れるのではないかと思ったが全く釣れなかったそうだ。

 今年は、なぜか藻が沢山流れていて、曳縄仕掛けに掛かったり、スクリューに巻き付いたりするそうだ、帰る途中でスクリュウーを回すと振動するので、藻かロープが巻き付いているようだ。潜って外すか、造船場で船を上げて外すしかないようだ。鰹が釣れないうえに藻の被害が出ると大きな赤字になりそうだ。

 私が帰ろうとすると、いくら辞退しても鰹1尾を持っていけと、無理やり持たされた。少しお裾分けして、昨日は刺身で、今日はタタキで美味しく戴いた。



posted by masamaru at 23:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

新鮮で美味しかったでしょうね。
正丸さんの様に上手く料理できない私
鮭など一本いただくと スーパーに持って行きさばいてもらいます。泣

関東では赤潮でちりめん雑魚に被害が・・・
温暖化の影響でしょうか?
Posted by michiko at 2017年05月13日 19:35
michikoさん
コメントありがとうございます。

釣った日の鰹は、絶対に刺身です。臭みもなく美味です。
自分ばかりで、ごめんなさい。

関東の赤潮は、温暖化の影響と言われていますね!
当地でも、昔はいなかった魚が獲れたり、漁獲が激減するのは温暖化のせいだと言われています。
Posted by 正丸 at 2017年05月14日 04:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック