2017年05月17日

一寸光陰の想い

 めったにない妻から出先の私への電話、「波紋さんが今日亡くなったと連絡がありました」
所属している俳句会の主宰が、入院3日後に亡くなられた。
 主宰は、若い時に肺を患い片肺の摘出手術をされていたので、体を使う活動は制約され、カメラと俳句、しかし晩年は外出もままならなかったので、俳句大会などの選者も辞退され、主宰宅で開催する句会や、県内の月間で発行されている句誌「椎の実」などの投稿だけだったようだ。

 仮通夜に駆けつけると、吟行などでの写真がほしいとのことだったので準備していて思いついたのが句集作成。句会では年末に、各自、月毎5句の60句に題をつけ、題にふさわしい?背景を貼り付け、全員分をまとめた句集を作成している。この資料の主宰の分と吟行の写真で句集ができると、5部作成しご家族に差し上げた。

 今年の吟行は、主宰の体調が悪いということで、急遽中止になったが、4月の句会を(都合で4ヶ月はメール等のやり取りでの句会)主宰宅で開催できたが、一寸光陰の想いだ。

昨年末に作成した句集の表紙
「まんてん俳句会」は、句会初代の代表と副代表の俳号によりできた名称。
この句会を如何に継承するかは我々の責任だ。
無題.png
posted by masamaru at 10:08| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
急な事でご多忙なご様子ですね。
でも、ご家族も喜んでいらっしゃったことでしょう。
何よりご本人がきっと一番。
Posted by あ〜すけ at 2017年05月17日 16:23
ご冥福をお祈り申し上げます。

正丸さんのお心遣い ご遺族の方は感謝されています。
人の命は儚いものですね。

お稽古ごとのお友達 60代
 木曜日に会ってお話しましたが その週土曜日に
 夕食の時 胸が苦しいと仰って そのまま〜〜〜
 
一日無事終われば感謝の日々です。
Posted by michiko at 2017年05月17日 16:34
あ〜すけさん

コメントありがとうございます。
前日にお見舞いした時、会話はできなかったのですが、主宰から手を出されて握手をしました、何かを託されたのかもしれないと思いました。
Posted by 正丸 at 2017年05月17日 22:50
michikoさん
ありがとうございます。

お世話になった方に迷いましたが、できることはしようと勝手なことかもしれませんが、後で悔やむよりはと実行しました。

なぜか、諸行無常の四文字がちらつきます。
Posted by 正丸 at 2017年05月17日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449962761

この記事へのトラックバック