2017年07月31日

「たから忌」俳句大会

 私が事務局を担当している「たから忌」俳句大会が昨日ありました。募集句504句から、選者8名の方がそれぞれ、特選1〜3、秀逸5句、入選10句を選句、昨日はそれぞれの特選句と秀逸句の選評があり、勉強になりました。
 大会賞  船音はひたすら沖へ明易し  井上和子

 また、当日句には事務処理に少し時間に追われましたが、楽しい句会になりました。
 最高得点句   花合歓やいまなら解り合へる齢  飯干久子

会場全体
DSC_2681.JPG

各選者の表彰
DSC_2683.JPG


posted by masamaru at 11:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
皆さん素晴らしい句詠んでおられますね。

女性の方も多く素晴らしい会。お役お疲れさまでした。

私も若い時 勉強しておけばよかったと反省です。

亡き母は句会で賞頂いたと喜んでいたのを思い出します。
Posted by michiko at 2017年08月01日 09:06
michikoさん
ありがとうございます。

私が所属しているOB会の総会の日に、趣味の会の時間があり、昨年「俳句」が追加され、俳句の経験のない先輩が覗かれたのですが、その後作句されるようになったようです。「俳句は体が動かなくなってもできるから良い」と言っておられました。
始めるのに遅いことはありません。ぜひ始めてください。
Posted by 正丸 at 2017年08月01日 09:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック