2017年11月19日

冬の鰹漁

久々の鰹の引縄漁、寝坊して6時10分出漁、無線を入れると僚船は既に20マイル沖の漁場で操業している様子

6時45分が日の出の時刻だが、雲があって太陽が見えるのは10分後だった。
171117_064359.jpg

171117_065351.jpg

水深.60m付近から水温が24.3℃と変化しなくなった、水深も100mを越えたので仕掛けを投入する(9本の仕掛けを入れるのには結構時間がかかる)投入して間もなくすると、潜行板仕掛けが2枚同時に浮いてきて横に走る。鰹2尾。

そして、しばらくすると通称飛行機仕掛けの飛行機が浮く(水面から4mの竿先と魚が直線になり途中の飛行機が浮く)ので引寄せようとすると重い、しかし、半分(15mほど)引寄せたところでばらしてしまった。

14マイル沖の気象観測ブイ付近で、シビコ(鮪系の幼魚)釣れていたが、カジキマグロと思われる背びれがついて来るようになったら、途端に釣れなくなった。もし、こいつが喰ってきたら、道具を盗られると、場所を変えることにした。

その後は、1時間以上釣れないこともあり、釣れるときはシビコか、鰹が釣れたが、朝1時間以上遅かったのが、釣果に影響した。(鰹6尾、シビコ11尾)
171117_151810.jpg
posted by masamaru at 04:14| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
釣りも時間が大切なんですね。

ピカピカ光った美味しそうな鰹

シビコって初めて聞きました。

下関 唐戸市場でお寿司食べて満足でした。(笑)
Posted by michiko at 2017年11月20日 18:47
michikoさん

コメントありがとうございます。

魚は娘達に送ったり、俳句の仲間などに配りました。
皆さんから、美味しかったとメールなどがありました。

下関 唐戸も魚の美味しいところです。良い旅ができたようですね!
Posted by 正丸 at 2017年11月24日 21:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: