2019年07月22日

たから記念俳句大会


今日は日向俳句連合会が事務局を担当する「たから記念俳句大会」
昨夜からの豪雨で特に山間部はひどかったようで、特選受賞者の佐藤守さん(特選受賞者にはできるだけ出席していただくように、葉書でお知らせしていた)から、早朝に出席できないかもしれないと電話があった。(結果:出席)

また、選者の加賀東鷭さんは、JRが運休したため、都城から日向まで車でかけつけていただいた。

DSC_2563.JPG

DSC_2572.JPG


大会賞
薫風や夫のへそくり旧紙幣 渡辺輝子

宮崎県俳句協会長 賞
亡き父の服の小ささ夕端居 三原正二

椎の実俳句会 賞
緑陰やパエリア鍋の大かまど 吉玉典子

小学生の参加もあり、今後が楽しみ


posted by masamaru at 01:50| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盛大な会ですね。
 亡き父の〜〜〜感傷的になります。

ブログの件ご心配おかけします。
12月までには決めたいと思いながら〜〜〜
W7を使っています。w10に替えなくてはいけないのですが
 インストールもできず 新しいPC購入しかないと思います。難しいことは理解できませんので〜〜〜泣

移転出来ましたら必ずお知らせします。
よろしくお願いします。
Posted by michiko at 2019年07月26日 10:35
暑中お見舞申し上げます。

盛大な活気ある句会ですね。
 亡き父の〜〜涙がこぼれます。

ブログの件ご心配おかけしました。

W7 使っています。 W10に替えなくてはならず
 インストールもできなくて 新しいPC買う予定です。
PCの難しいことは分かりませんので 12月までには
何とかしたいと考え中です。
暫くヤフーで続けてみたいと思います。
よろしくお願いします。
Posted by michiko at 2019年07月26日 10:44
 michikoさん、コメントありがとうございます。

 御地は、台風の影響で豪雨が心配されます。どうぞお気を付けください。

 大きな俳句大会の事務局をされていた方が、苦労されていたので、省力化のプログラムを作成して、差し上げたところ、しばらくして事務局を担当するようになりました。

 今年は、昨年より100句ほど少なかったのですが、それでも500句近く投句がありました。俳句は病床にあっても活動できます。この大会への投句が、遺句になった話も聞きました。道子さんは活動的ですから、良い句が詠めると思います。始めませんか!
Posted by 正丸 at 2019年07月26日 11:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: