2018年05月20日

「かどがわの里海保全」キックオフミーティング

先日「かどがわの里海保全」と題して、講演とパネルディスカッションがあるというので、傍聴した。

水産生物の生育に重要な役割、機能を有する藻場が減少していて、今後の漁業への影響が懸念される。その重要性、現状を県の漁業資源管理室の荒武氏、宮大の村瀬教授のお二方の公演、そして2つの漁協の門川湾を再生する会、藻場干潟保全会などの関係者などによるパネルディスカッションがあり、中身の濃い3時間だった。
 海の環境保全は関係者だけでなく、一般の人もごみや排水の処理をルール通りきっちりと実行してほしい。
IMG_20180520_0001.jpg
posted by masamaru at 08:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

二回続けての二枚潮

 当地の鰺はブランド化されていないが、大分の関アジ同種と思われ、近年、市場での評価が高くなっている。
 12日、15日と鯵釣り、ところが二日とも、表層の潮は流れているのに、海底付近の潮がまったく動かず、鰺が喰わない。
 14時頃沖から潮目が来て、しばらくすると海底付近の潮も北向きに流れ始めた。この潮の方向であればと、実績のある瀬に移動して釣り始めると、待望の鯵が来た。しかし、順調に5尾釣った後、強烈な引きがあり、ハリスを切られてしまい、その後まったく釣れなくなった。
 昔、同じような経験して、ハリスを大きくして、大ニベを釣ったことがあるが、今回も大ニベの可能性が高い。諦めて納竿。今日以降は句会など行事が続いていて、出漁出来ないのが残念。

ミノカサゴ(美しいが鰭に毒を持っている)
IMG_0267.JPG

枇榔島
IMG_0262.JPG

枇榔島の沖は好漁場のため釣船が多い

http://hyuganada.up.seesaa.net/image/IMG_0269-9f4cc-thumbnail2.JPG
posted by masamaru at 17:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

 ここ数年、近所に雀がいなかったが、今年は復活し、我が家の庭の餌台にも来てくれるようになった。ところが警戒心が強く、写真を撮ろうとすると直ぐに逃げられる。今日は何度か挑戦して、やっと撮らしてもらえた。

DSC_0493.jpg

posted by masamaru at 16:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月29日

日之影町大人(おおひと)歌舞伎

昨日、OB会のデジカメ勉強会で、日之影町大人(おおひと)歌舞伎に行ってきた。九州唯一の農村歌舞伎で、四百年以上の伝統があり、地元大人地区の人々により大切に受け継がれている。本来は秋の大人神社の例大祭だけに奉納されていたそうだが、9年前から、歌舞伎の館での「さくら公演」が開催され年2回になったようだ。
DSC_0398.JPG

DSC_0471.JPG

撮影は公演そのものより、準備などの様子を撮りたいと思っていたら、途中から楽屋入口での撮影が許された。次回のデジカメ勉強会は昨日撮った写真を持ち寄って批評し合うが楽しみだ。
DSC_0411.jpg-1.jpg

DSC_0417.jpg-1.jpg

DSC_0428.jpg-1.jpg


13時開演だが、10時過ぎには会場に到着すると、準備作業の人の中に昔、同じ職場で仕事をし、まだ現役のはずの「U」さんに似た人がいる。しかし、彼の自宅は県の南西部なので、当地からは200kmほどは離れている。すると「U」さんから声を掛けてきた。聞くと、現在は延岡の事業所勤務で単身赴任、ボランティアグループ「九州つなぎ隊」https://www.facebook.com/kyusyutsunagitai/ に登録し、過疎地区の行事などの支援をしているらしい。歌舞伎の館への道案内などのお手伝いをしているようだった。

DSC_0397.jpg-1.jpg

色々と収穫の多い一日だった。




posted by masamaru at 14:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

個性いろいろ

 近くのお倉ヶ浜は、全長4Kmほどの蛤(禁漁)も生息する浜であり、年中、サーファが楽しんでいるのもが見られる。
 砂浜には多様な生物が生息しているが、小さな蟹たちは干潮になると、給餌し、それぞれ個性のある模様を残す。ただ、油断すると鳥類の餌となる。
DCF00092.jpg

DCF00090.jpg

DCF00089.jpg

油断するとDCF00086.jpg

近くの道には、今にも飛びそうな綿毛が
DCF00084.jpg
posted by masamaru at 07:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

72cmの鯛

寝過ごして6時半出漁、先に枇榔島付近を引縄しているベテランから、全く当たりがないと無線があり、南に下る。途中、魚探に反応はあるものの当たりなし、更に南下すると、反応もなくなった。
 風も出てきたので引き返す。反応のあった海域に戻ってくると、鰆に近いサゴシが釣れた。それからしばらくすると、強い引きがあり、船の速度を落として引き寄せ、10mほど先に見ると赤い、何??、手元に来て分かった鯛だ、抜き上げようとしたが上がらず、何とかタモにおさめて引き上げる。大鰆を期待していたのに残念。その後は更に風が強くなったので、帰港。

時速10Km/H程度で走っている擬餌針に喰ってくるだけあって、丸々していた。
DSC_0394.jpg

魚は捌いて、娘家族とお世話になった方に送った。
 大鯛はあまり旨くないと思っていたが、残った切れ端を妻が刺身にしたが、意外とうまかった。
posted by masamaru at 05:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

正丸ドック

 潮の関係で正丸を、一昨日の昼前に造船所の船台(トロッコ)にし上架し引き上げ、本日15時に降架した。その間、貝殻を落とし、洗浄、船底塗料の塗布、そして、スクリューは塗って、十分な時間が必要なため、乾燥に24時間とった。
 
 船底を塗り終わった
 180410_153918.jpg

 すべて終わって、定位置に係留
180411_151653.jpg

漁協に寄ったら、注文していたベルト式の救命具が来ていたので、取り替えることにした。古いのは10年近く使用した。
180411_154320.jpg

posted by masamaru at 17:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

4カ月ぶりのゴルフ

 中学校の時の同窓が、「千葉から帰って来るゴルフがしたい」と、近頃、腰痛があり心配だったが、クラブを振って痛みはなかったので4カ月ぶりのゴルフ。しかし、当たらない、曲がる、寄らない。他の3人に迷惑を掛けないようにするのが精いっぱいだった。
結果52+51=103

 良かったのはコース沿いに岩つつじ、山つつじが満開で楽しめた(プレー中は撮る暇がなかったのが残念)
IMG_0246.jpg

 延岡市、北方ゴルフOUT1番バックティーから
IMG_0243.jpg
posted by masamaru at 09:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

お互いの顔を知らない俳句会

退職して、俳句を始めるためにUキャンの通信教育を受講した。知識を得たことよりも、同じ志を持つ仲間を得たことだった。10年ほど経過し、今はUキャンの掲示板も廃止されたが、今も、無料の掲示板をお借りして、ネットでの俳句会が続いている。
 今回は私が幹事。ただいま春の句が出そろって、選句中。

Uキャン30年春.png
posted by masamaru at 13:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

三分咲きあり、散る桜あり

所属している俳句会の吟行で、高千穂の三秀台、大分県竹田市の岡城址に行ってきました。三秀台は標高が高いこともあって、桜は三分咲き程度でしたが、道々、山桜、ソメイヨシノ、八重桜などで、車中は歓声の連続でした。
三秀台の三分咲きの桜
DSC_0313.JPG

滝廉太郎の「荒城の月」で有名な岡城址の桜
DSC_0354.JPG

DSC_0359.JPG

DSC_0381.JPG

岡城城址で花の宴でしたが、満開で風が吹くと落花がありました。
DSC_0365.jpg
posted by masamaru at 10:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

逃げた魚は

鰆やハマチ(関東ではワラサ)などを釣る引縄漁は、ビシマ糸(20cm毎に重りの付いた糸)75m、さらに15mのハリスの先に、弓角(写真上)を付け、時速5ノットで引くが、弓角ではなく、ルアー釣り用のもの(写真下)を使用したらどうだろうかと、試してみた。
実績のある海域を引き縄していると、左舷のルアーの竿に来た。引き寄せようとすると大物だ、船の速力を落として引っ張り、半分ほど引寄せた時に外れた。ルアーを、よく見ると針が1本伸びていた。今後の研究課題だ。
長年培われてきた漁法に、手を加えるのは失敗もあるだろうが、面白いことでもある。楽しみが増えた。

IMG_0249-cb3c1-thumbnail2[1].jpg

DSC_0305.jpg
posted by masamaru at 08:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

操業自粛

 クロマグロの資源量を回復させるために、国際委員会において「漁獲制御ルール」が合意された。それを受け、国内では地 域ごとに漁獲上限枠が定められた。
 その管理期間のサイクルが、7月から翌年の6月だが、30kg未満の小型魚は全国での漁獲上限枠を超えたため、漁獲上限枠には余裕のある当県も含め6月末まで獲ることができなくなった。12月〜4月はヨコア(マグロの小さいもの)の引縄漁の時期だが、僚船らも皆、操業自粛している。
漁獲上限枠は過去の実績で配分されているのではないかと思うが、漁獲上限枠の配分の多いところが、大幅に超えている。単に漁獲上限枠を設けるだけでなく、何らかの処置も必要なのかもしれない。

IMG_0232.jpg

IMG_0237.jpg
posted by masamaru at 20:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

四国八十八カ所巡礼

昨夜、テレビ番組「四国一周札所巡り」がBS朝日で放映された。
退職半年後に、妻と車で八十八カ所をお参り(10泊11日)し、当時、元気のなかった妻も今では、私よりはるかに元気になっている。近頃「八十八カ所すべては無理にしても、御礼に行きたいね!」と、話していたこともあり、「奉納經帳」や「計画書」を引っ張り出して、懐かしく番組を見た。

「奉納經帳」には、八十八カ所すべての札所のお印を頂いている。
IMG_0223.JPG

IMG_0222.JPG
posted by masamaru at 14:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月05日

船長としての寿命

同じ漁協所属の80代の方が船を降りた(船を若い人に譲渡)。やはり手持ち無沙汰になるらしく、夕方港に来ておられたので、いろいろ話を聞かしてもらった。60年以上漁師をしておられたそうだ。そして、最後に正丸も俺の歳までは頑張れと、逆に励まされた。
少なくとも、今日届いた船舶無線の免許許可期間H35年までは、船に乗っていたいいものだ。
180305_160539[7548].jpg

 夕方、雨がやみ、風も少し凪いできたので、浜にウォーキングに行った。長い浜の途中に小さな川があり、端の川との間が2.5kmあるので往復すると良い運動になる。途中で半そでになったお嬢さんに出会った。
ほとんど走る速さのウォーキングしていて、見ていても気持ちが良かった。
 *春風に髪なびかせて渚行く
posted by masamaru at 23:06| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

白い帆に春風受けて旅立てり

 24日 鰆漁、11時過ぎに僚船のいる海域へ、無線を聞いているとあまり釣れていないようだ。それでも1隻だけは同じ海域で時々釣れている。他船の動きを確認しながらマギル(トローリング)まったく釣れず、諦めて帰港する船もある。同じことをしていてもダメだと、仕掛けを短くして(鉛が20cm毎についている糸、ハリスまで入れると80mを65mへ)水深13m〜14mをマギって見た。
 長い海岸沿いを1往復で1尾程度釣れるようになったが、ほとんどの船はあきらめて帰港、そして15時になったので納竿。釣果、鰆1、サゴシ5
夜明けは釣れたらしいが、なぜ、昼頃は1隻だけが釣れていたか? その船の仕掛けは他船より少し長い(当日もそうだったかは不明) 鰆の餌となる雑魚がいなかったため、鰆が移動したか、いても海底近くにいた。などと今後の研究課題が見えてきた。

(ピンボケ写真)
180224_154138.jpg
posted by masamaru at 16:17| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月20日

梅一分咲き

 18日(日)にOB会のデジカメ勉強会で、美郷町南郷水清谷の「梅祭りとウォーキング」に行ってきた。梅園の中を歩く人たちを撮りたかったのだが、梅は一分咲き以下、厳しい坂道を2.8kmを登るので、梅林に着く頃は、ほとんど家族単位の少人数で、考えていた写真は撮れなかった。。
 生産者に話が聞けたが、南高梅の木が約5000本あり、標高が600〜700mにあるため、梅の品質が良く、南高梅の先進地和歌山からも、分けてほしいと問い合わせなどが多いそうだ。ウォーキングの後は、豚汁のふるまいや猪肉などが当たる抽選会もあった。

 ようやく咲いている枝を見つけた。
DSC_0256.JPG

梅を傷つけないように、収穫時にはネットを張るようだ。
DSC_0262.JPG

3m近い大鍋(豚汁が美味しかった)
DSC_0277.JPG

急坂の2.8Kmを登ってきた人たちと梅の蕾
DSC_0251.JPG
posted by masamaru at 15:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

出漁に沖の島浮く寒さかな

外気温氷点下5度の中、8時出港、僚船は既に延岡沖で操業している。「反応が(魚探に鰆の餌となる小魚の群れの)あるのに、食わん」と、あまり良くないようだ。
180131_071245[6754].jpg

漁場についてしばらくすると、近くの船が魚を引き寄せている途中で、外れたらしい。緊張感を持っていると「来た〜」慎重に75mの引縄を引き寄せると、まずまずの鰆だ。しかし、後が続かない。他の船もほとんど釣れていないようだ。今は稚鮎が遡上のため川口に集まる頃だと、川口沖を丁寧にまぎっていると、11時過ぎには、ほとんどの僚船は帰港に向かっていた。凪いできたのと、しばらく海に出れないため南下しながらも粘っていると、1kg程度のサゴシが来た。その付近を丁寧にまぎると、ぽつりぽつりとサゴシが釣れた。それも途絶えて納竿。
今朝市場に行くと、引縄漁で出荷したのは、珍しいことに私だけだった。3kgの鰆、1kg前後のサゴシ8尾。
180208_055622.jpg
posted by masamaru at 09:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

確定申告完了

 税務署からのお知らせ【申告に関するお知らせ】があったので、確定申告をした。昨年はパソコンを替えていたため、Windows10対応のカードリーダーに替える必要があったのが判らず、苦労した。
 今年はスムーズにいくと思っていたが、個人カードによる電子証明で失敗、暗証番号に電子証明用と送付用があるのだが、混同したため、カードがロックしてしまった。役場に出向きロックを解除し、無事、申告が完了した。
 1年経つと、記憶が薄れるのでしっかりメモを取っておく必要があると痛感。

1-3.png
posted by masamaru at 15:32| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

文字と写真などを重ねて、句集などを作成する方法

 地区のパソコン勉強会、メンバーの入れ替わりが進み初心者が多くなったので、自宅でも復習できるように、説明書を作成した。
 分かりやすいように図解したのだが、説明書作成に労力を要したのと、文字を図としてリンク貼り付けする方法が、パソコンによって少しづつ異なったので、当日は個別指導が多くなってしまった。
 皆さん、2月の勉強会までに何回か復習してくださいね! 

正丸句集.png
(説明書の画像とは異なります)
posted by masamaru at 14:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

こども俳句出前講座

今日は依頼のあった小学校へ出前講座、我々の句会の主宰以外が講師を務めるのは初めての経験なので、マニュアルと効率よく進めるために短冊などを作成して、出向いた。
1.俳句の約束ごと(季語・音数と数え方) 
2.季節カード、季語カードによる季節の説明 
3.穴埋め問題(過去のこども俳句の秀句の一部を空白にして考える) 
4.どっちが良い句?(当たり前の表現に気付かせる) 
5.気持ちを書かずに気持ちを表す(例句による作者の心理を読む訓練)
6.俳句を作ってみよう(兼題12)10句程度できたところで、全員で良いところ、残念と思うところの意見を出させ、批評を少し
1時限目の4年1組を私が、2時限の4年2組は句会の会長が担当、あっと言う間の2時間でした。子供たちのキラキラした目が印象的でした。
アドバイス的なコメントがあればぜひ
DSC_0227.JPG
posted by masamaru at 21:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする