2017年04月26日

柿若葉

 所属している、7人の俳句会は私が事務局を担当している。
 俳句会の名称は「まんてん俳句会」、会の生い立ちを聞くまでは疑問に思ったが、設立当初の会長と副会長のお名前から命名したらしい。

 毎月、投句締め切り日までに、私宛にメールあるいはファクスで投句があり、集計ファイル(エクセル)の「入力シート」に句を入力すると、ランダムに並び替えた「選句表」が作成されるので配布、句会当日に各自の選句を「入力シート」に「〇」印を入力すると、それによって、シート「得点表」「選句一覧」が自動出力
 「選句一覧」によって各自が選評。最後に当月の兼題にあわせた「画付き作品集」を出力
 「画付き作品集」の画は事前に準備しておくが、兼題によっては苦労する。来月は「若葉」なので、庭の柿の若葉を撮影した。(画の上に各自の俳句が乗る)
まんてん俳句会.png
posted by masamaru at 10:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

冠海雀U

今日は、先月実施した「枇榔島などの磯釣りの様子と冠うみすずめの撮影会」の写真を持ち寄っての勉強会

それぞれの写真をプロジェクターで拡大して、それそれ意見を出し合う。OB会の趣味の部として発足したのだから、厳しい意見が出ることはないが、カメラ歴60年近い人がいて、この人の写真は参考になる。
撮影の時もエンジンを停止しなかったので、カメラぶれが出るが、カメラ歴の長い人の写真はカメラぶれが少ない。来年.また同じ撮影会をする場合は、エンジン停止して撮影することにした。

他の人が撮っていなかったタイミングの写真−飛び立つ瞬間
DSC_2148-2.jpg

頂いた写真
DSC_6675.JPG

DSC_6694.JPG
手ブレが少ない





posted by masamaru at 16:30| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

鯉のぼり

 娘婿の実家では、電線などで鯉のぼりを上げるスペースがないため、我が家で上げている。
 今年も、竹竿を2本立て上げるのに半日を要した。
DSC_2343.JPG
写真を、娘婿の実家と孫たちに送ります。
近頃、鯉のぼりを上げるのを、あまり見られないが、青空の鯉のぼりは気持ちがよい。
posted by masamaru at 13:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

精密検査結果良性! ほぉ〜〜っ!

 10日前に、娘の乳房にしこりがあり、検査を受けたところ脇の下のリンパ腺にも影があるので、7日に癌センターで精密検査を受けると連絡があった。その結果が出るのが本日14日だった。

 長い10日間だった。妻は娘の所へ行き孫の面倒をみる計画、私もいつでも娘の所へ行き来できるように、いろいろな行事に出ないように、あるいは他の人に代わってもらうようにした。
 その間、年度初めでもあり、いろいろと事務処理的な仕事があったが、ミスや漏れの多かったこと、すべきことを箇条書きにしていたが、それでも大きな俳句大会への投句が漏れていた。
 漁にも出なかったので、俳句の時間と思ったが、うまくいかず、できても駄句ばっかりだった。

 気が付いたら、庭の柴桜が咲いていた。
DSC_2340.JPG
 
 
posted by masamaru at 21:25| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

尉鶲(ジョウビタキ)の旅たちの挨拶

 先日、車で出かけようと乗ったら、すぐ近くに尉鶲がやってきたので、携帯のカメラで撮った。
 秋に戻ってくると、車のミラーを覗き込んで挨拶をする個体が、北に旅立つ前の挨拶に来てくれたようだ。
DCF00684.jpg

 日向夏
 「日向夏」は、宮崎県原産の柑橘で、爽やかな酸味と甘さがあり、柑橘類の中でも特に好きだ。
DCF00708.jpg

 他県に出向いた時に、表皮を剥いたものを頂いたがおいしさが半減する。表面の黄色い表皮を削ぐようにナイフで剥き、白いワタの部分を残した状態の物を、果肉と共に切り分けて食べます。
DCF00709.jpg
この切り方は妻の切り方ですが、スライスにした食べ方もあります。
posted by masamaru at 14:10| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

吟行の堅い蕾の花見かな

所属している小さな俳句会の吟行
小丸川揚水発電所と、西都原古墳群の桜と菜の花、そして西都市の公民館の一室をお借りして句会、更に帰路の途中で柴桜の名所と欲張りの企画

小丸川揚水発電所
出力120万KW(30万KW×4機)有効落差650m
長いトンネルを下り、地下400mの発電所で説明を聞く、電力使用の少ない夜間などに下部ダムの水を上部ダムへくみ上げ、電力使用の多い昼間など、あるいは火力発電などのトラブル時などに発電する。火力発電所などは稼働、停止が短時間にそして頻繁に行えない。言わば、揚水発電所は巨大な電池のようなものだ。
・峡谷の曲り曲りて山桜・・・・途中の山々は山桜が満開でした。

バスで地下400mの発電所へ
DSC_2321.JPG

西都原古墳群の桜と菜の花
例年だと、桜は七分咲きから満開だが、今年はまだ堅い蕾だった。幸いに広大な菜の花畑は満開でした。それでもたくさんの人出
左側の煙っているように見えるのが桜
DSC_2330.JPG

西都市の中央公民館の一室をお借りして句会
30分程度で、3〜5句作る。その後、清記→選句→結果発表 時間的には厳しいが、楽しい時間

黒木さんちの芝桜
20年ほど前に目が悪くなり、人との交流が少なくなった奥さまのために、庭一面に柴桜植えて開放すれば、人との接触がふえると、毎年面積を増やし、今では全国版で放映され、商工会などのバックアップもあって、観光地化しているようだ。
残念なのが、柴桜が3分咲きだった(見ごろは2週間後)と、ご高齢になられたので今年限りになるかもしれないそうだ。
DSC_2336.JPG
最も咲いているところ(これでもまだまだだそうだ)
DSC_2337.JPG
posted by masamaru at 05:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

引き寄すも手鉤を嫌ふ春の鰤

鰹釣りを薦める人もいたが、前日の撮影会で、ナブラをたくさん見た枇榔島付近の曳縄漁にした。
ところが前日の海域に行くも、まったくナブラは見当たらず、釣れない。延岡市の漁協所属らしき船も、同じ海域をまぎる(曳縄漁)が、その船も釣れないようだ。
前日、ナブラには出会わなかった、枇榔島の沖側に回ると、枇榔島から500m以上離れたところで鳥が舞っている。そちらに移動するとナブラだ。ナブラの周辺を回っていると「きた!」左側の竿に来たので、左旋回しながら引き寄せようとすると、先日釣った3.5Kg級のハマチよりはるかに重い。あと5mほどになると左右に走り強烈な引き、ようやく引寄せて、テグスを手に巻き付けて抜きあげる。7〜8Kgの鰤に近いハマチ(鰤の定義はいろいろあり、5Kgを超えるもの、8Kgを超えるもの、80Cmを超えるものと様々だ。また、関東ではハマチのことをワラサと呼んでいる)

その後もナブラを探しながらまぎると、喰ってくる。曳縄の全長が60mあり、大きいものはテグスだけでは抜き上げができず、手鉤を口に打って抜きあげるが、重労働だ。
昼前になると、ナブラが見当たらなくなって、鳥もいなくなった。そしてまったく釣れなくなった。

9Kgと8.7Kgの鰤?(僚船の船長に言わせると、10Kgを越えないと鰤ではない)
DCF00713.JPG

4.3Kg〜9Kgが合わせて9尾
DCF00716.JPG

 反省点
 その1 群れが移動したものと判断したが、鰹漁に出ていた船が不漁だったこともあり、私の無線で戻ってきて同じ海域をまぎったところ14時過ぎてから釣れたようだ。群れが移動したのではなく、餌の小魚がいなくなり、海底近くにいたようだ。曳縄を更に長くすべきだった。

 その2 釣れている時に、曳縄(20cm間隔で重りの付いたビシマ糸)が2度縺れ、解くのに時間を要した。引寄せるときは魚に夢中になっているが、細心の注意が必要

 

posted by masamaru at 10:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

冠海雀

 今日は、幹事をしているOB会の趣味の会のデジカメ勉強会で「枇榔島などの磯釣りの様子を船から撮影および冠うみすずめの撮影会」を実施した。

 今日に一日延期して開催した結果、曇天、そしてゆったりとしたうねりはあるものの、この一週間では恵まれた条件だった。
 昨日から、ライフジャケットの洗濯、エンジンの点検など準備はしていたが、カメラに装着するレンズを間違えていた。持っているのは「10−30」と「30−110」だだが、「10−30」だけを持って行ってしまった。

 途中、冠うみすずめの居そうな海域を迂回して枇榔島へ、このような日に限って、いたるところでナブラが湧き、鳥が待っている。
DSC_2128.JPG

 僚船に無線を入れたら、「5回あたり、釣れたのはまだ、鰤3尾」と、ナブラが湧くわれには釣れないと、不満そうだった。
DSC_2095-1.jpg 

 釣り人
DSC_2096.jpg

DSC_2093.jpg

 沖から見た枇榔島
DSC_2102.JPG

 
 トビワタリ 今日は波を被っている。
DSC_2099.JPG

磯釣りの一級ポイント(枇榔のコタツ)
DSC_2106.jpg

 枇榔島と冠うみすずめ
DSC_2175.jpg

整列した冠うみすずめ
DSC_2138.jpg

日向市の観光スポット(馬が瀬)
DSC_2252.JPG

 良い写真が撮れなかったが、同行したメンバーに喜んでもらったのが何よりだった。



posted by masamaru at 21:08| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

今年は全国的にも桜の開花が遅いようだ。例年だと山桜は盛りを過ぎているはずだが、ようやく咲き始めた。

我が家の前の山桜が咲き始めたが、なかなか満開にならない。
DSC_2053.jpg

上の山桜の近くに大きな山桜があったのだが、7〜8年前に他の木と一緒に伐採されて残念だった。しかし、切株から芽生えそろそろ花をつけそうになっている。また、楽しませてくれるだろう。
DSC_2049.jpg

地区の公園の桜は、例年だと彼岸明けには三分から七分咲きだが、今年はほとんどの木がまだ蕾だった。一本の桜だけ、少し咲いていた。色づき始めた蕾。
DSC_2055.jpg

この枝だけが開花と言える状態だった。
DSC_2057.jpg

今年の春は、急にやってくるかもしれない。海も鰹が急に釣れ出すかもしれない。
posted by masamaru at 21:49| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

春時雨とりあえず行くゴルフ場

 月1回のゴルフコンペ、予報通り朝から降り始めた小雨の中ゴルフ場へ。
 誰も中止を切り出さず合羽を着て準備する。月曜日にしてはお客の多い日だったが、どこのコンペも中止することなくスタートする。
 スタートすると、バンカーに入るのが多く、そしてパットの距離感も悪く3パットが多い、午後も雨は止まなかったが、パットだけでなくアプローチも悪くなって、トリプルが3度も
 結果 46+51=97 pt21+19=40

 良かったのはキャディーさんが、笑顔の素敵なお気に入りのキャディーさんだったこと、そしてびっくりしたのはネット80の私が優勝だったこと、雨だと皆集中力が続かなかったようだ。
posted by masamaru at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

ナブラ湧く

11日
 天気予報では、高気圧が九州を中心に張り出していたので、凪と決めつけて出漁した。
 ただ、前夜が遅かったので、6時を過ぎていた。無線を入れると「沖は風が強くて、皆、引き返してきた。沿岸の鰆漁に切り替えている。上(北)に4隻、下(南)1隻行っている。鰆漁をするのであれば下(南)に行ってくれ」それで、鰆漁に切り替えた。
DCF00699.jpg

 近場から丁寧にまぎる(曳縄する)が、全く反応がない。おまけに北に上った船も、南に下った船も釣れないと無線で愚痴っている。
 鰆の実績のある岩場近くをまぎっていると、少し沖目に鳥の乱舞がある。近づくとナブラ(小魚の群れが、大型魚に追われて水面に追いやられている状態)が湧いている。
DCF00702.jpg

 ナブラ状態のときは餌が豊富なためか、擬餌針には喰わないことが多いが、周りをまぎってみる。ナブラから少し離れたところで来た! 曳縄を引っ張ると重い、60mの曳縄を引き寄せて魚体を確認するとハマチだ、手にテグスを巻き付けて引き上げると70cm程度のハマチだ。その後はナブラが沸く度に釣れるわけではなかったが、時々釣れる。60mの曳縄を引き寄せるのは結構重労働だ。
 ナブラが湧かなくなってからは、岩場近くを丁寧にまぎると時々釣れた。
 結果 ハマチ11尾、サゴシ(鰆の小さいもの)(1kg1.4kg)全重量42kg ハマチ2尾は捌いて娘家族に送ったり、お裾分け、残りを出荷

 豊漁貧乏
 当日は定置網にハマチが1000尾入った為、値が安い。
 
posted by masamaru at 17:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

県俳句協会の俳句年鑑への投稿

県俳句協会から俳句年鑑への作品募集があり、昨年1年間の句から10句に絞る作業をした。
迷うものの、どれも進歩がないと思いつつも、とにかく10句を抽出した。

鰹の海2 001.jpg
posted by masamaru at 13:22| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月08日

いとし子よ あさみちゆき

 ラジオでこの曲を聞き、透き通る声そして優しいメロディーと歌詞に魅かれていた。
 今日帰宅途中、NHKの「ごごラジ!」を聞いていたら、ゲストの「あさみちゆき」の曲、そしてこの曲のうまれた経緯を聞いた。

 あさみちゆきが身ごもったとき、ガンで闘病中だった、お母さま(ご主人の)が作詞され、それに、あさみちゆきさんが、曲を付けたそうだ。そして息子さんが無事に生まれた。しかしお母さまはその数日後に亡くなられたそうだ。
 今は亡き義母さんが孫への想いを綴った歌詞の「いとし子よ」を聞いてみてください。
  https://www.youtube.com/watch?v=w2XywGDicgM
posted by masamaru at 18:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

初鳴や上手くならないアプローチ

 月一のゴルフコンペは幹事、前日の予報は一時雨、当日の朝の地域の時間ごとの予報は一時曇り、ところがスタートすると小雨が降り出し、午前中続いた。幹事の行いの悪いせいだろう。

 ドライバーショットはまずまずだったが、特に100ヤード以下になると、ゴルフを始めたころと同じ、もしかしたら脳の老化かもしれない。後半は4連続3パットをやってしまった。
結果 48+49=97 pt17+22=39
 野鳥の多いゴルフ場だが、雨だからだうか少なかった。それでも鶯の初鳴きが聞けた。
 少し練習をして、楽しいゴルフができるようにしたい。
posted by masamaru at 05:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

枇榔島  行ってきます。

 6時出港、まだ真っ暗、先日ベテランが勘違いをして、浅瀬で船底を傷つけた事故があり、また、夜通し漁をして帰港するの船も多いので、神経を使う。

 少し明るくなって、枇榔島が見えてきた。
170216_062645[1235].jpg

左に見えるのが小枇榔、この左側を通過し、北東15マイルの海域に向かう
170216_063232[1234].jpg

 枇榔島を通過
170216_063701[1233].jpg
この付近で、冠海雀3羽に出会う。今年も帰ってきたのだ。

 だんだん遠くなる枇榔島
170216_064616[1229].jpg

 仕掛け9セットを入れる途中で日の出。出港が30分以上遅い・
170216_065716[1230].jpg

 途中、ソーダ―カツオを20尾ほど釣ったが全部リリース、その後は1時間近くまったく当たりなし、広い海で魚の群れに出会うのはなかなかだ。
 僚船数隻の近くの海域で、最初の当たりがあり、その群れを逃がさないようにグルグル回り、鰹などを10尾以上釣った。ただその後は群れに出会うことなく、2尾あるいは1尾と2度釣れたのみ。
 孫の誕生祝に魚を送るためにも、正午前に港へ方向転換。

 ようやく枇榔島が見えてきた(写真ではわかりずらい)
170216_120410[1227].jpg

 さらに近づく
170216_124812[1226].jpg

 出荷量は16kg、市場でベテランに「正丸もまだまだだな!」と励ましを戴いた。


posted by masamaru at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

ひろぐれば恵方巻なり操舵室

昨日(2月11日)県内唯一の俳句誌「椎の実」の同人会総会があり出席した。
総会後の俳句会は、全員が当日句3句提出して互選する。前日までに、どの句するか決まらなかったので、6句を持ち、電車の中で推敲し3句に絞った。

提出句
(1)健勝を問ひて間のある朧かな
(2)春寒や魚を捌く左利き
(3)拡ぐれば恵方巻なり操舵室

自身の評価は(1)(2)(3)の順だったが、開けてびっくり、(3)が7点、(2)が1点、(3)は0点
そして、懇親会で会長や代表に「拡ぐれば」がダメ、ひらがなの方が良かったと指導を受けた。自覚はしていて、努力しているつもりたが、国語力不足を痛感した日だった。

2.11.png


posted by masamaru at 22:06| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

盆梅の小さく香る時空かな

我が家の「妻の日」に提案して、盆梅展に行ってきた。

小さな鉢に何十年あるいはそれ以上、一見、アンバランスだが見事なバランス、以前見た作品ほどの古木はなかったものの一見の価値はあった。

DSC_2041.jpg

DSC_2034.jpg

DSC_2029.jpg

DSC_2039.jpg

DSC_2030.jpg

DSC_2040.jpg

黒松も一鉢
DSC_2038.jpg

句集の背景に使えるかもしれないと思い出かけたが、梅たちに失礼だと思えた。
posted by masamaru at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

奥の深い曳縄漁

 今の時期の曳縄漁は運もあるが難しい。ベテランたちに言わせると「魚(いお)に乗るか乗らんかだ」(魚の群れに当たるか否か)
 昨日は2度群れに当たった。最初に群れに当たったとき、ベテランと同じ群れを互いに邪魔をしないように釣ったが、そのベテランは私の2倍の数釣っていた。ただ、それが最初で最後だったそうだ。2倍になる差の原因をいろいろ聞いた。魚の大きさに合わせて潜行板の大きさを変える(と言っても1Cm)潜行板から擬餌針までの長さ、擬餌針のバケの大きさ、そして最も大事なのが潜行板の泳ぎのリズムを揃える。揃えることによって群れが船についてくる。
 そして、市場に持って行くと、魚の〆方が甘い、そしてクーラーボックスの海水濃度が低い(氷と真水では魚の色が変わる)トロ箱へ置く場合の魚の並べ方が悪い。と指導を戴いた。
 曳縄部会の会長からは「正丸も腕を上げてきた」と言ってもらえたが、まだまだ覚えることが多い。

 
posted by masamaru at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

暗証番号

 e-TAXによる確定申告をするようになって10年になる。
 今年も少しづつ準備をし、昨日申告書を電送しようとしたらうまくいかない。
 昨年までは電送の際の個人認証には、住基カードを使っていたが、今年からマイナンバーカードを使用することになっている。カードリーダーにマイナンバーカードをセットし、暗証番号を入力して送付すると"カードの期限切れ"と表示される。マイナンバーカードをセットしなおして送信するが同じだ。

 役場に出向き、マイナンバーカードを調べてもらったが異常はない。当初、担当も原因がわからなかったが、暗証番号の間違いということになった。
 帰宅後、調べていて原因がはっきり分かった。
 マイナンバーカードには「署名用電子証明書暗証番号」があるので、これを入力したのが間違いだった。
 e-TAXへの電子申告時は、電子申告開始届時の暗証番号を使うのだ。

 一枚のマイナンバーカードに、複数の暗証番号を使うのに疑問が残ったが、無事に確定申告が完了した。
 
posted by masamaru at 07:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

冴え返る右も左も航海灯  4.2Kgの鰹

 6時10分 「正丸、出港します」に「正丸、出港了解。今日は上(北の方)だ」と教えてくれた。
 港を出ると、なぜか船が多い、大型貨物船が錨泊、そして帰港中や漁労中の船がいれ交じる。夜が明ける前は、船の動きを航海灯(左舷が赤、右舷が青)とマスト灯で判断するが、遠近感がなく動きの判断が難しいく神経を使う。
 枇榔島を通過してしばらくすると、もやっているからか周り360度、闇。先に出た8隻の僚船の灯も見えない。
 1時間半以上走って、既に引縄漁中の僚船が見えてきた。しかし、釣果ありの無線がない。
 水温計を見ながらジグザグに北上する。最初に釣れたのはソーダカツオ2尾、それから更に沖の方を北上して、水温が18℃を超えると、他港のやはり曳縄をしている船が同じ海域を行き来しているので、その周辺を曳くと来た!待望のシビだ。その後すぐには釣れなかったが、周辺を徹底して曳くと来た!それも3尾同時に、それからはしばらく釣れなかったが、さほど離れていない海域で1尾釣れ、更にしばらくして釣れたのが、当初は何?と思うほどの、4.2Kgの初めて見る大きな鰹。

 鰹を釣ってからは全く釣れなくなって、僚船も南下しているようなので、ジグザグに蛇行しながら南下、途中釣れたのはシーラー2尾のみ。

 反省すべきは、潜行板と擬餌針間のテグスは大きいので結ばずに、スリーブを使って圧縮してつなぐが、圧縮がすぎて、テグスが切れていた。それから、水面を波立たせて曳く飛行機の糸が弱っていたらしく、切れていた。切れたがため魚が散った可能性もある。点検などの重要性を感じた。
通称:飛行機
DSC_2026.JPG

スリーブ際
DSC_2028.JPG
posted by masamaru at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする