2018年09月23日

文化連盟主催の観月会


日向市役所の新庁舎で観月会があり、俳句連合会の幹事でもあり、所属している日向市の句会の皆さんに、投句を勧めたこともあり始めて出向いた。
お茶会、琴の演奏、日本舞踊、詩吟朗詠、短歌・俳句があり、予想以上に厳かな観月会であった。
残念だったのが、カメラを持参しなかったこと、4歳位の女の子を含めた日本舞踊、知人の詩吟や琴の演奏など、カメラがあったら座っている間はなかったと思う。良かったのが投句を勧めた6人中3人が賞をいただいたので、26日の句会は盛り上がりそうだ
観月会1.jpg

観月会2.jpg
posted by masamaru at 13:36| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

故障の原因

引縄部会の会長から「鯵が釣れている。値も1300円/kg超えたぞ!」 と連絡を頂き、近頃不眠症で体調が良くなかったが少し改善したので、久々の釣行。
枇榔島の沖に出ると、下り潮(北から南の流れ)この潮ならばと思う60mの瀬に行き、魚探で探り錨を入れる。3度目で思う位置に。
しばらくすると当たりがあった、「紛ひなき鯛の引きなり秋の潮」鯛は小気味よい引きをするのですぐに判る。しかし、時々小さい鯛や、根魚が喰うだけで、鰺が釣れないので、更に沖へ移動。
65mの瀬に行き、2度錨を入れなおして思う位置に、しばらくすると鯵が釣れ、その後も順調に釣れた。しばらくすると電動リールがおかしい、パワーがない。当初は右舷の竿の電動リールだったが、左舷の竿もおかしくなり、遂に動かなくなって、手巻きで釣ったが、電動リールはギア比が小さいので大変だ。
2台同時に故障するとは思えないので、電源と判断して、バッテリー室の配電盤を点検、配線やブレーカー端子の締め付けなどを確認したが改善しない。ブレーカー本体の不具合と判断。直結も出来なかったうえに、非常に暑い所に居たため、軽い熱中症になってしまったので、あきらめて帰港することにした。
釣果、鯵が15尾(10kg弱)あとは小さい鯛などを、お世話になっている人たちにお裾分した。(写真を撮るのを忘れていた)
本日、ブレーカーを購入して取替完了、テストしたら、今まで以上のパワーを感じた。ブレーカーの内部がさびて、接触不良になっていたようだ。

DSC_0999.jpg
posted by masamaru at 20:09| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

全天候型運動施設

 ある団体の役員をしているので、その催しには、ほとんど参加している。昨日は、グランドゴルフで、参加者は50名を超えていた。
 近隣で被害が出るほどの大雨だったが、当初から市の全天候型運動施設での計画のため問題なし。この施設の広さは80m四方ほどあり、天井もプロ野球のキャンプの誘致も考慮していて高い、更に驚くのが天井を支えるのが木造の梁だ。
いつもより、グランドゴルフの各ホールの長さを長くとったので、疲れたという人もいたが、良い運動になった。

IMG_0288.JPG

IMG_0281.JPG
posted by masamaru at 14:42| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

健康とゴルフ

ゴルフのスコアを記録するようになって、13年になる(2005年10月〜)が、昨年ごろから非常に悪くなったので分析してみた。ラウンド数259、全ラウンドのアベレージ90.7 
2016年12月以前のアベレージが89.9 2017年1月以降が99.4 やはり、急激に悪くなっている。
年齢を重ね認知症の進行かもしれないが、昨年ごろから不眠症が続いている。3〜4時間眠ると後が眠れない、掛かり付けの医師に相談して、軽い睡眠薬を飲んだが効果がない。
運動不足かと思っているが、昨日ゴルフをしても、やはり今朝は、午前1時に目が覚め4時半ごろまでまったく眠れなかった。ただ、その後2時間ほど眠れたので、今日はすっきりしている。しばらくは、運動量を増やしてみたい。また、調べたら、どうしても眠れないときは布団の中にいるより、しばらく起きていた方が良いようだ。そして、ゴルフの回数も増やしてみよう。

ゴルフ.png
posted by masamaru at 20:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

海難事故防止講習会

先日、海難防止講習会があり、受講した。
県内のこの1年間でも、衝突、座礁、転覆等の海難事故(17件)が発生している。
そして今年6月転覆事故を起こした、沖では良く情報交換している船の事故の状況が分かったが、転覆した時に一時は船室に閉じ込められたが、何とか逆さになった船底に這い上がり、1人が無くさずに済んだ携帯電話で海上保安庁に連絡して救助されたらしい。よくぞ、人身事故にならずにすんだものだ。

海難事故を起こさないためには、船の点検整備、気象状況の把握、航行中の監視、救命胴衣の着用など徹底したい。!!
CA3E0520.JPG
posted by masamaru at 21:03| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月19日

初盆法要での法話

父母がいなければ、自身は存在しない。その父母も祖父母がいなければ、存在しない。したがって2代遡ると4人がいなければ自身は存在しない。計算では10代遡ると1024人になる。30代遡ると10億人を超える。その内の1人でも欠けると、自分自身は存在しない。

私の悪い癖で、どんな計算式?と考えているうちに、肝心なところを聞き逃しましたが、授かった命を大切にし、責任を持ちなさい。ではないかと思う。

計算式は2の2乗、2の10乗、2の30乗でした。


IMG_0981-thumbnail2[1].jpg
posted by masamaru at 05:37| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

県北・たから記念俳句大会

先日(7月29日)なんとか、無事大会が終了した。
DSC_0918.JPG

大会賞
道をしへぴよんぴよん平成最晩年

宮崎県俳句協会会長賞
隠れ住み源氏と平家田植かな

椎の実俳句会賞
菩提寺を遠く思へる暑さかな

@600句近い句を句稿へ入力と校正、
A入力した句の句の順番をばらばらにし選句表の作成後選者へ選句依頼。
B選句結果によって、選者毎の入選句集作成と「大会賞」「宮崎県俳句協会会長賞」「椎の実俳句会賞」の検討
C句集作成、製本
D表彰状の作成(今回はパソコン化し、厚手のB4用紙に印刷)
E特選入賞者へ事前の通知
F会場設営と大会の進行

あと残された仕事は、作成したファイルを体系化して纏め、何人かで共有しておくことだと思う。

posted by masamaru at 11:48| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

こども俳句の出前講座

 こども俳句大会の行事の1つの出前講座、そのサポート役として参加した。講師は、我々の句会の主宰、元校長先生、ご高齢のため危機管理として、いつかは我々が代わって、講師が勤められるようにと思っているが、子どもたちの引き付けかた、批評、添削など、まだまだ遠く及ばない。

DSC_0878.JPG
posted by masamaru at 07:39| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月14日

供養とは

 先日、菩提寺で初盆法要があり出かけた。各地から集まった20人近い僧侶の法要と、熊本からおいでになった、僧侶の法話があった。その内容を紹介します。

 供養とは、「供給資養(きょうきゅうしよう)」という言葉を略したもの。供養という字は、「人が共に養う」 お供えをすることで、亡くなった方を養い、同時に、自分自身も亡くなった方に養われている。経験談による心に沁みる法話でした。

 私は還暦を迎えた年が、母の50回忌でしたが、振り返り、偶然では説明できないようなタイミングで危機を回避できたのが、少なくとも2回ありました。これは母の加護があったものと思っています。

DSC_2366.jpg
posted by masamaru at 09:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

文化連合会の総会と引縄部会の懇親会

 昨日は、市の文化連盟(16部門の36団体)の総会に出席し(懇親会は欠席)、その後の漁協の引縄部会の打ち合わせと懇親会に出席した。
文化連盟の総会は、流石に堅い雰囲気だった。ただ、会費値上げ提案の根拠が論理的でなかったのが、気にかかった。

引縄部会の打ち合わせの議題は、7月から始まる漁や、クロマグロ資源管理など、懇親会で何時も驚くのが、まったく飲まない人が数人いること、見るからに酒豪と思える組合長もまったく飲まないが、各出席者の席を廻っていた。この会に初めて出席した時の句「強面の船主集まる新年会」

文化連盟の総会後に講演会
DCF00811.JPG


引縄部会の懇親会の品書き(品数の多さに驚く).
おしながきpng.png-2.png
これで、会費3000円
posted by masamaru at 11:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする