2018年04月29日

日之影町大人(おおひと)歌舞伎

昨日、OB会のデジカメ勉強会で、日之影町大人(おおひと)歌舞伎に行ってきた。九州唯一の農村歌舞伎で、四百年以上の伝統があり、地元大人地区の人々により大切に受け継がれている。本来は秋の大人神社の例大祭だけに奉納されていたそうだが、9年前から、歌舞伎の館での「さくら公演」が開催され年2回になったようだ。
DSC_0398.JPG

DSC_0471.JPG

撮影は公演そのものより、準備などの様子を撮りたいと思っていたら、途中から楽屋入口での撮影が許された。次回のデジカメ勉強会は昨日撮った写真を持ち寄って批評し合うが楽しみだ。
DSC_0411.jpg-1.jpg

DSC_0417.jpg-1.jpg

DSC_0428.jpg-1.jpg


13時開演だが、10時過ぎには会場に到着すると、準備作業の人の中に昔、同じ職場で仕事をし、まだ現役のはずの「U」さんに似た人がいる。しかし、彼の自宅は県の南西部なので、当地からは200kmほどは離れている。すると「U」さんから声を掛けてきた。聞くと、現在は延岡の事業所勤務で単身赴任、ボランティアグループ「九州つなぎ隊」https://www.facebook.com/kyusyutsunagitai/ に登録し、過疎地区の行事などの支援をしているらしい。歌舞伎の館への道案内などのお手伝いをしているようだった。

DSC_0397.jpg-1.jpg

色々と収穫の多い一日だった。




posted by masamaru at 14:49| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

個性いろいろ

 近くのお倉ヶ浜は、全長4Kmほどの蛤(禁漁)も生息する浜であり、年中、サーファが楽しんでいるのもが見られる。
 砂浜には多様な生物が生息しているが、小さな蟹たちは干潮になると、給餌し、それぞれ個性のある模様を残す。ただ、油断すると鳥類の餌となる。
DCF00092.jpg

DCF00090.jpg

DCF00089.jpg

油断するとDCF00086.jpg

近くの道には、今にも飛びそうな綿毛が
DCF00084.jpg
posted by masamaru at 07:57| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月14日

72cmの鯛

寝過ごして6時半出漁、先に枇榔島付近を引縄しているベテランから、全く当たりがないと無線があり、南に下る。途中、魚探に反応はあるものの当たりなし、更に南下すると、反応もなくなった。
 風も出てきたので引き返す。反応のあった海域に戻ってくると、鰆に近いサゴシが釣れた。それからしばらくすると、強い引きがあり、船の速度を落として引き寄せ、10mほど先に見ると赤い、何??、手元に来て分かった鯛だ、抜き上げようとしたが上がらず、何とかタモにおさめて引き上げる。大鰆を期待していたのに残念。その後は更に風が強くなったので、帰港。

時速10Km/H程度で走っている擬餌針に喰ってくるだけあって、丸々していた。
DSC_0394.jpg

魚は捌いて、娘家族とお世話になった方に送った。
 大鯛はあまり旨くないと思っていたが、残った切れ端を妻が刺身にしたが、意外とうまかった。
posted by masamaru at 05:25| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月11日

正丸ドック

 潮の関係で正丸を、一昨日の昼前に造船所の船台(トロッコ)にし上架し引き上げ、本日15時に降架した。その間、貝殻を落とし、洗浄、船底塗料の塗布、そして、スクリューは塗って、十分な時間が必要なため、乾燥に24時間とった。
 
 船底を塗り終わった
 180410_153918.jpg

 すべて終わって、定位置に係留
180411_151653.jpg

漁協に寄ったら、注文していたベルト式の救命具が来ていたので、取り替えることにした。古いのは10年近く使用した。
180411_154320.jpg

posted by masamaru at 17:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

4カ月ぶりのゴルフ

 中学校の時の同窓が、「千葉から帰って来るゴルフがしたい」と、近頃、腰痛があり心配だったが、クラブを振って痛みはなかったので4カ月ぶりのゴルフ。しかし、当たらない、曲がる、寄らない。他の3人に迷惑を掛けないようにするのが精いっぱいだった。
結果52+51=103

 良かったのはコース沿いに岩つつじ、山つつじが満開で楽しめた(プレー中は撮る暇がなかったのが残念)
IMG_0246.jpg

 延岡市、北方ゴルフOUT1番バックティーから
IMG_0243.jpg
posted by masamaru at 09:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月03日

お互いの顔を知らない俳句会

退職して、俳句を始めるためにUキャンの通信教育を受講した。知識を得たことよりも、同じ志を持つ仲間を得たことだった。10年ほど経過し、今はUキャンの掲示板も廃止されたが、今も、無料の掲示板をお借りして、ネットでの俳句会が続いている。
 今回は私が幹事。ただいま春の句が出そろって、選句中。

Uキャン30年春.png
posted by masamaru at 13:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月01日

三分咲きあり、散る桜あり

所属している俳句会の吟行で、高千穂の三秀台、大分県竹田市の岡城址に行ってきました。三秀台は標高が高いこともあって、桜は三分咲き程度でしたが、道々、山桜、ソメイヨシノ、八重桜などで、車中は歓声の連続でした。
三秀台の三分咲きの桜
DSC_0313.JPG

滝廉太郎の「荒城の月」で有名な岡城址の桜
DSC_0354.JPG

DSC_0359.JPG

DSC_0381.JPG

岡城城址で花の宴でしたが、満開で風が吹くと落花がありました。
DSC_0365.jpg
posted by masamaru at 10:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

逃げた魚は

鰆やハマチ(関東ではワラサ)などを釣る引縄漁は、ビシマ糸(20cm毎に重りの付いた糸)75m、さらに15mのハリスの先に、弓角(写真上)を付け、時速5ノットで引くが、弓角ではなく、ルアー釣り用のもの(写真下)を使用したらどうだろうかと、試してみた。
実績のある海域を引き縄していると、左舷のルアーの竿に来た。引き寄せようとすると大物だ、船の速力を落として引っ張り、半分ほど引寄せた時に外れた。ルアーを、よく見ると針が1本伸びていた。今後の研究課題だ。
長年培われてきた漁法に、手を加えるのは失敗もあるだろうが、面白いことでもある。楽しみが増えた。

IMG_0249-cb3c1-thumbnail2[1].jpg

DSC_0305.jpg
posted by masamaru at 08:27| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

操業自粛

 クロマグロの資源量を回復させるために、国際委員会において「漁獲制御ルール」が合意された。それを受け、国内では地 域ごとに漁獲上限枠が定められた。
 その管理期間のサイクルが、7月から翌年の6月だが、30kg未満の小型魚は全国での漁獲上限枠を超えたため、漁獲上限枠には余裕のある当県も含め6月末まで獲ることができなくなった。12月〜4月はヨコア(マグロの小さいもの)の引縄漁の時期だが、僚船らも皆、操業自粛している。
漁獲上限枠は過去の実績で配分されているのではないかと思うが、漁獲上限枠の配分の多いところが、大幅に超えている。単に漁獲上限枠を設けるだけでなく、何らかの処置も必要なのかもしれない。

IMG_0232.jpg

IMG_0237.jpg
posted by masamaru at 20:34| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月07日

四国八十八カ所巡礼

昨夜、テレビ番組「四国一周札所巡り」がBS朝日で放映された。
退職半年後に、妻と車で八十八カ所をお参り(10泊11日)し、当時、元気のなかった妻も今では、私よりはるかに元気になっている。近頃「八十八カ所すべては無理にしても、御礼に行きたいね!」と、話していたこともあり、「奉納經帳」や「計画書」を引っ張り出して、懐かしく番組を見た。

「奉納經帳」には、八十八カ所すべての札所のお印を頂いている。
IMG_0223.JPG

IMG_0222.JPG
posted by masamaru at 14:35| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする